2014.08.25

Glazz来日公演のお知らせ

GLAZZ Japan Tour 2014

Kobe -@Chicken George
September 22, 2014
Kyoto @Wellers Club (night)
September 23, 2014
Kyoto @TogaToga (Day)
September 23, 2014
Osaka @Knave
September 24, 2014
Tokyo @Silver Elephant
September 25, 2014
Tokyo @Club 251
September 26, 2014
Tokyo @Miss You
September 27, 2014

www.glazzmusic.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.08.24

Glazz来日公演のお知らせ

Glazz_japan_tour_2014

Kobe -@Chicken George
September 22, 2014

Kyoto @Wellers Club (night)
September 23, 2014

Kyoto @TogaToga (Day)
September 23, 2014

Osaka @Knave
September 24, 2014

Tokyo @Silver Elephant
September 25, 2014

Tokyo @Club 251
September 26, 2014

Tokyo @Miss You
September 27, 2014

www.glazzmusic.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.08.23

Glazz来日公演のお知らせ

Glazz2014japan1_2


「glazz_japan_tour_2014.png」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.04.11

ベートーヴェン七重奏曲

東京都美術館の講堂での演奏会で、ベートーヴェンの七重奏曲を目の前で聴くことが出来た。
初期の傑作とまで言われている作品なのだが、構成する七つの楽器の組み合わせが比較的珍しいので、実演を聴く機会は非常に少ない作品だ。
この演奏会は、前売り2千円で、全席自由席というカジュアルなものだった。お陰で前から2列目というステージの至近距離で聴けたので、まるで宮廷で皇帝になった気分だった。室内楽が病み付きになりそうだ。

ヴァイオリン:白井 圭
ヴィオラ:川本嘉子
チェロ:横坂 源
コントラバス:幣 隆太朗
クラリネット:ディルク・アルトマン
ファゴット:ハンノ・ドネヴェーグ
ホルン:ヴォルフガング・ヴィプフラー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.09

シン・ヒョンスの腕

シン・ヒョンスによるブラームスのヴァイオリン協奏曲を、すみだトリフォニーで聴いた。クリスティアン・アルミンクの端正な指揮に、新日本フィルが深みのある音でホールを鳴らした。
ヒョンスのブラームスは意外にもバランスよく、暴走することもなく、楽曲に対する誠実さが感じ取れた。
一方でアンコール(ジュナン作曲、パガニーニ編曲「ヴェニスの謝肉祭」)では技巧を惜しげもなく全開で披露し、聴衆の心を鷲掴みした。こちらが彼女の恐るべき本性であろう。
チョン・キョンファサラ・チャンに続く逸材と評されるだけに、彼女本来の伸びやかな表現が、今後協奏曲演奏に融合する事を期待したい。

演奏とは別に印象に残ったのは、(下世話なことだが)ヒョンスのアスリートのような二の腕だ。ノースリーブスのドレスから颯爽と伸びた腕は、諏訪内晶子の腕を思い出した。
演奏会を終え彼女にサイン貰う機会があったので、少し話をしたら、人見知りしてかの、シャイな笑顔(写真)に好感を持った。
Hyunsu_shin

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.03

Axel Weiß "Tribute to Mihaly Csikszentmihalyi"

ドイツのギタリストAxel Weißによるフリージャズ。
ギターシンセを使っているのかと思って、本人に確認したら、リング・モジュレーターというエフェクターを使ったそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.02.03

坂井泉水 + 小西康陽 "Can't Take My Eyes Off Of You"

Cant_take_my_eyes_off_of_you2013020
どういう経緯で入手したのか全く記憶にないのですが、珍しい(?)非売品のCDを持っています。今は亡きZARD坂井泉水小西康陽が共作した"Can't Take My Eyes Off Of You"を収録した8センチCDです。
小西康陽らしい明るく可愛らしい編曲に、坂井泉水が英語でいつものZARDどおりの歌唱をしています。
調べると12インチのアナログ盤では発売されたようですが、CDでの発売はなかったようで、手元のCDにも"NOT FOR SALE"の文字があります。
今聞いてみる音圧不足で濁っているのが玉に瑕ですが、アレンジもボーカルも良い佳作だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.24

John Butler "Ocean"

ギター演奏の理想形の一つだ。
ただただ見とれてしまう。
言葉はいらない。


SoundCloudから音源を無料ダウンロードもできます。
http://soundcloud.com/john-butler-trio/ocean-2012

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.22

Glazz "The Jamming Sessions Take 1"

Jamming_sessions_take_1
スペインのジャズ・ロック・トリオのGlazzが新譜をリリースした。
今回はそのタイトル通り、スタジオでのジャム・セッションを録音したもので、即興性に重きを置いた作品が並び、彼らの演奏力と独創性が堪能出来る。
"Huno" 13分43秒、"Maya" 7分48秒、"Momo" 24分51秒からなる三つの録音と、それらをメドレーに12分23秒に繋ぎ合わせた"MEDLEY/DEMO"の合計4曲が収録されている。
この"Take 1"は大量に録音されたジャム・セッションの第一弾で、"Take 2"、"Take 3"のリリースも予定されているそうで楽しみだ。
またこの録音風景を垣間見れるビデオも公開している。

このアルバムは、以下のサイトから購入出来る。MP3のダウンロードとCDのパッケージに加え、カセット・テープまで用意しているところに彼らの遊び心が伺える。
http://glazz.bandcamp.com/album/the-jamming-sessions-take-1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.09.22

アラウとクレンペラーによる重厚なショパン

Arrauchopin
ショパンは二つのピアノ協奏曲を残しており、いずれも20歳のときに完成させている。どちらもロマン派を象徴するような美しい旋律に彩られた傑作ではあるのだが、それを録音した多くの演奏には不満を持っていた。今まで聴いてきた録音はいずれも物足りなかった。
例えば協奏曲1番の冒頭のオーケストラ部分は、疾風怒濤の重厚さをもって演奏されるべきなのに、多くの録音はピアノ独奏までの貧弱な前奏になっている。ピアノが演奏され出しても、オーケストラは単なる伴奏のように演奏、録音されているものが多い。
まるでそれらはBGMのように、耳障りは良いが主張がなかった。もっと重厚に個性を前面に出して演奏すれば、ブラームスのピアノ協奏曲に匹敵するとずっと思っていた。
これらの積年の不満を払拭する協奏曲1番に遂に出逢うことが出来た。
 独奏:クラウディオ・アラウ
 指揮:オットー・クレンペラー
 オーケストラ:ケルンWDR交響楽団
 録音日:1954年10月25日
クレンペラーが振れば自ずと重厚になり、それに共鳴してアラウのピアノも攻めている。第3楽章ではオーケストラとピアノが掛け合いが素晴らしく、それぞれの演奏者の意志が手に取るように伝わってくる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧