« 須賀敦子著「コルシア書店の仲間たち」 | Main | 猪瀬直樹著「昭和16年夏の敗戦」 »

2012.11.22

Glazz "The Jamming Sessions Take 1"

Jamming_sessions_take_1
スペインのジャズ・ロック・トリオのGlazzが新譜をリリースした。
今回はそのタイトル通り、スタジオでのジャム・セッションを録音したもので、即興性に重きを置いた作品が並び、彼らの演奏力と独創性が堪能出来る。
"Huno" 13分43秒、"Maya" 7分48秒、"Momo" 24分51秒からなる三つの録音と、それらをメドレーに12分23秒に繋ぎ合わせた"MEDLEY/DEMO"の合計4曲が収録されている。
この"Take 1"は大量に録音されたジャム・セッションの第一弾で、"Take 2"、"Take 3"のリリースも予定されているそうで楽しみだ。
またこの録音風景を垣間見れるビデオも公開している。

このアルバムは、以下のサイトから購入出来る。MP3のダウンロードとCDのパッケージに加え、カセット・テープまで用意しているところに彼らの遊び心が伺える。
http://glazz.bandcamp.com/album/the-jamming-sessions-take-1

|

« 須賀敦子著「コルシア書店の仲間たち」 | Main | 猪瀬直樹著「昭和16年夏の敗戦」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/56169569

Listed below are links to weblogs that reference Glazz "The Jamming Sessions Take 1":

« 須賀敦子著「コルシア書店の仲間たち」 | Main | 猪瀬直樹著「昭和16年夏の敗戦」 »