« Glazz "The Jamming Sessions Take 1" | Main | John Butler "Ocean" »

2012.11.23

猪瀬直樹著「昭和16年夏の敗戦」

書きたいことが二つある。

まず一つは、以前にも書いたのだが、猪瀬直樹には文筆業に専念して欲しいということだ。
この「昭和16年夏の敗戦」は「ミカドの肖像」に並ぶ名作だ。題材と切り口が素晴らしい。これほどのノンフィクション・ドキュメンタリーを書ける現役作家はそうそういない。こういう作品を通じて多くの人々に影響を与えることができるのだから、都政など他の者に任すべきだ。都民の一人としてあえて言っておきたい。

書きたいことの二つ目は、この本の内容についての本論。
この本の中心となる総力戦研究所はそれほど秘密に満ちた組織ではなかった。発足時の昭和15年10月にはそのことが新聞報道されたし、戦後の極東軍事裁判法廷でも証人喚問が行われた。
この総力戦研究所は非常に画期的な組織で、ベスト・アンド・ブライトネスと呼ぶに相応しい若手エリートたちを政府と軍と民間から招集し、天皇勅命による内閣直属の機関として設立された。総力戦研究所のクライマックスは、研究所員による模擬内閣が日米戦をシミュレーションし、日本敗戦の結論にたどり着くくだりだ。
日米戦のポイントは石油の確保だった。アリメカに石油を禁輸され、石油確保のためにインドネシアの油田を占領するが、アメリアの潜水艦にシーレーンを断たれ敗戦。このシミュレーションの結果の通りに歴史が動く。
もし中国からの撤兵をシミュレーションしていたら、どのような結果になったのだろう。満州や台湾の権益を維持して日米開戦を避けられたのだろうか。
また昭和16年10月18日の東條内閣成立の内幕と、同年12月8日の開戦までの東條の苦悩の立場について、この本は非常に分かり易く書いている。天皇は開戦を避けるために東條をあえて首相に据え、陸軍統帥部を押さえ込むことを期待した。しかし天皇に完全服従の東條さえも、開戦に動き出した歴史の歯車を止めることできなかった。
戦前の日本の構造は全くもってシニカルだ。天皇の直轄である統帥部が暴走し中国に戦線を拡大し泥沼化。それを負け博打で終わらせたくないがために日米開戦という博打を打つ。天皇は憲法を尊重したがゆえに、その無謀を止めることができなかった。憲法が統帥権という怪物を産み出し、その飼い主であるはずの天皇は何も出来ないという構図だ。
猪瀬はこの構造について、明治時代には元勲たちのコントロールによって正常に機能していたというようなことを書いている。なるほど。
仕組みとそれに携わる人の要素は不可分だということだ。身近なところでも、このことは教訓になる。

|

« Glazz "The Jamming Sessions Take 1" | Main | John Butler "Ocean" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/56176477

Listed below are links to weblogs that reference 猪瀬直樹著「昭和16年夏の敗戦」:

« Glazz "The Jamming Sessions Take 1" | Main | John Butler "Ocean" »