« 三浦しをん著「まほろ駅前多田便利軒」 | Main | 山下達郎 "JOY 1.5" »

2011.08.03

三浦しをん著「まほろ駅前番外地」

Mahoro2
前作に引き続き読んでしまった。
町田市民として、地産地消の義務がある。
前作より、この続編の方が好きだ。前作よりも地味なオムニバスになっているのが良い。
現実の世の中には、そうそうドラマチックな事件などないのだ。平々凡々とした毎日の積み重ねが人生であって、実はそれが大河ドラマなのだ。人間を成長させるのは、時間の積み重ねだ。怒りや悲しみを時間が癒してくれる。そして誰もが心穏やかなベクトルを得るのだと思う。
また本作では主人公である便利屋の二人が、過去の呪縛から解かれ始めた兆しが感じられ、この先が読みたくなっている。

|

« 三浦しをん著「まほろ駅前多田便利軒」 | Main | 山下達郎 "JOY 1.5" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/52383116

Listed below are links to weblogs that reference 三浦しをん著「まほろ駅前番外地」:

« 三浦しをん著「まほろ駅前多田便利軒」 | Main | 山下達郎 "JOY 1.5" »