« March 2011 | Main | May 2011 »

2011.04.23

細野晴臣「HoSoNoVa」

Hosonovaこのブログで新譜を紹介するのは珍しいのだが、
新譜と言えども、懐かしい肌触りの楽曲と演奏と歌声だ。今が21世紀であることの意味をなさない。
細野晴臣という人の音楽的センスには、デビュー当時から無国籍な無限大さがある。この63歳にして変わらぬマイペースに、只ひたすら脱帽。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2011.04.17

彭見明著「山の郵便配達」

Postman映画にもなった彭見明(ポン・ヂエンミン)の短編小説と他5編を収録した単行本を読んだ。どの作品も古き良き中国の香りがした。
「南を避ける」では都会に出て行く娘を持つ父親の話。
「愛情」は地方都市の若い夫婦の少し変わったラブ・ストーリー。
「沢国」は洞庭湖の漁猟風景を淡々と写生した作品。
などなど、数十年前の湖南省各地がそれぞれの短編の舞台となっている。
「愛情」も映画化されているそうだ。映画「山の郵便配達」もまだ観ていないので、併せて観てみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.12

Antonio Pompa-Baldi plays Scriabin Piano Sonata No. 4

Antonio
スクリャービンは少し敷居が高い。高度な技術と後期の神秘主義的な曲想が、初心者の壁となる。
しかしこの4番は比較的聴き易い。
特に最近注目しているアントニオ・ポンパ・バルディの演奏は素晴らしい。まさに「進化したショパン」だ。
またアントニオは、積極的にfacebookYouTubeなどで、自らの音源や情報を発信しており、好感が持てる。

Scriabin - Sonata No. 4, Op. 30 by AntonioPompaBaldi1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.10

Greg Bennett guitar OSI-Q

ギターを買った。
Greg BennettのOSI-Qという小振りなニューヨーカータイプ。
楽器屋の店員曰く、本当はこの人のシグネイチャー・モデルなのだそうだが、いろいろと話がうまくまとまらなかったそうで、名前を冠して売れなかった経緯があったそうだ。
音もクッキリと大きく、何よりこの美しさに一目惚れして、衝動買いした。
Gregbennettguitar


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »