« October 2010 | Main | December 2010 »

2010.11.28

諏訪内晶子のシベリウス

諏訪内晶子を聴きに行った。と言うより、ゲルギエフロンドン交響楽団を連れて来たので、大枚をはたいて文京シビックホールに、マーラーの5番を聴きに行ったら、諏訪内がその前にシベリウスを弾いてくれた。
生の演奏会は久しぶりだった。久石さんも来てた。

マーラーの方は、自分としては大好きな楽曲なので、甘い点はあげられなかったが、諏訪内のシベリウスは流石だった。
そもそも諏訪内が2002年に録音したものが素晴らしく、在欧時代に聴いたドルフィンの太い音色にも魅了されていたので、シベリウスには期待大だったが、全くその期待を裏切らなかった。
比較的退屈なシベリウスをあれだけドラマチックに聴かせてくれるのだから、諏訪内はもう世界有数のソリストの仲間入りしたと太鼓判を押したい。

以下のYouTubeは、2008年12月8日のアシュケナージ指揮フィルハーモニア管弦楽団とによるもの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.23

バーガーキング

Doublewhopperウェンディーズ亡き後、ハンバーガーが喰いたくなったら、バーガーキングに行って、ワッパーと呼ばれる巨大バーガーにかぶりついている。
このワッパーはビッグマックよりも高カロリーで、大きさでも重さでも一回り凌いでいる。カラダには思いっきり悪そうだが、そもそもヘルシーやら、ダイエットやらを考える奴には、ハンバーガーを喰う資格がない。
Onionringsバーガーキングではフライドポテトの代わりに、オニオンリングがセットで選べるのが嬉しい。ジャガイモの油揚げより、オニオンリングの方がよっぽど美味い。
ドイツに住んでいた頃、よくバーガーキングに行ったので、自分にとってはドイツを思い出す味でもある。ゲルマンの胃袋を満たすのに相応しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.21

巨大なる小ささ

これ何だか分かりますか?
Usbomote
大きさは3×1センチ程度。見た目はペンダントのような金属。
アクセサリーではありません。
ヒントは裏側。
Usbura
もうお分かりですね。
そう、USBメモリーです。
家や外出先から職場のネットワークに接続するための認証ファイルを入れて持ち歩いています。
容量は2ギガ・バイト。今となっては大容量とは言えませんが、フロッピーディスク約1500枚に相当すると思うと、凄い。そもそも20年ほど前に初めて使ったMac IIsiのハードディスクが80メガ・バイト。あのMacの25台分の記憶装置が掌に載ってしまうなんて、もうSFですね。

あのころ、デジタル・データの容量はキロとメガの時代でした。知識として、その上にギガテラがあるとは知ってましたが、それがこれほど安価で身近に浸透するとは夢にも思っていませんでした。
今我が家のiMacのハードディスクは2テラ・バイト。IIsiの2万5千台分になります。
ペタエクサという単位が身近になるのも、そう遠い未来ではないでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.13

北康利著「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」

Yoshidashigeruマキャベリの教えを例に挙げるまでもなく、リーダーは大衆に迎合する必要はないのだ。ましてや国家衰亡の危機に際した宰相ともなれば、ときには国民すらも敵に回し、国家の存続のために決断と実行をしなければならない。まさに不屈の精神と揺るぎない信念が必要となる。
この吉田茂の評伝を読んでいる時、仕事で大きな壁にぶつかった。全く予想もしない事態に自らの役割を見失いそうになった。しかしこの本を読んで、いかに自分の苦悩が小さいものかを思い知らされた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »