« たまプラーザ インドのとなり | Main | 橘玲著「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」 »

2010.10.03

青木崇高の才覚

Aokigoto役者の熱演とカメラワークが好きで、龍馬伝をよく観ている。
特に脇役達が良い。吉田東洋を演じた田中泯も凄かったが、今は後藤象二郎を熱演している青木崇高が素晴らしい。あの虎のような目つきは正に肉食系で、亀山社中のイケメン草食系男優君達を大きく凌駕しており痛快だ。名優香川照之演じる岩崎弥太郎との火花散る応酬は見事だ。
どんな役者かと調べてみたら、彼のブログ「あおきむねたかの新堕落論」がまた素晴らしい。手書きの絵と文章を載せている。これをブログと言えるかは謎だが、絵も味があるし、書いているネタも、掴み所がない大器を感じる。将来が楽しみな役者だ。

|

« たまプラーザ インドのとなり | Main | 橘玲著「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」 »

Comments

私もそう思います!

Posted by: ai | 2010.10.10 01:26 AM

はじめまして。2007年後期のNHKの朝ドラ、『ちりとてちん』でヒロインの夫役を演じた時から、青木くんのファンです。
『龍馬伝』では、毎回、名優でありベテランの香川さん演じる弥太郎をコケにしているし、昨日はこれまたベテランの石橋凌さんの指をカステラと一緒にかじっていたしで、青木くんの迫力に毎回、圧倒されています。
月並みですが、本当に上手で凄みのある役者さんだと思います。
おっしゃるように、亀山社中の草食系男子が…(苦笑)。
青木くんは、後藤役のために10キロ以上、体重を増やしたそうです。(牛丼を肴にお酒を飲んだという話もどこかで読みました(笑)。)
私は、青木くんに再来年の大河、『平清盛』で、是非、主役の清盛役を演じて欲しいです。
折しも、『清盛』の脚本は『ちりとてちん』の藤本有紀さんなので、青木くんと脚本の相性もいいと思うんですよね。
長々とすみませんでした。

Posted by: Miho | 2010.10.11 06:01 PM

aiさん、Mihoさん、コメントありがとうございます。
彼のような若い良い役者が出てくると、テレビや映画を観る楽しみが増えますね。

Posted by: umex@白梅亭 | 2010.10.12 11:20 AM

わぁ☆

Mihoさんとも気が合いそう

私もあの迫力ある演技につられてサムライになった気で興奮しちゃいながら見てました
カステラシーンとか最高

ちりとてちんも感動でした

今は絶滅危惧種な貴重な肉食系(実生活は知らないけど)
これからも自身の仕事(役者)を楽しんで私達に魅せて欲しいですね

私も彼の様に輝いて楽しもうと思います

度々失礼致しました

Posted by: ai | 2010.10.17 09:26 PM

aiさん
はじめまして。
残念!2012年の大河の主演は松山ケンイチくんに決まりました。松山くんもいいけど、晩年までやるなら、ちょっと若すぎるかなあ。ああむねむねがよかった。NHKはわかってない(涙)。

Posted by: Miho | 2010.11.09 11:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 青木崇高の才覚:

« たまプラーザ インドのとなり | Main | 橘玲著「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」 »