« セシル・リカドのショパン | Main | 森見登美彦著「太陽の塔」 »

2010.08.19

朝倉かすみ著「玩具の言い分」

男は永遠に女の気持ちを理解できないようだ。
6編の短篇小説の主人公は大人の女。思い出を語れるほど生きてきた女たち。
昔の男を今も想い、今の男に心を寄せる。女々しい訳でもなく、強い訳でもない。不安を抱え、安らぎを探している。現実の暮らしは格好悪く、綺麗事だけでは生きていけない。
女という生き物も、男に負けず劣らず、哀しい生き物だ。
たまには、こういう恋愛小説(?)を読むのも面白い。

|

« セシル・リカドのショパン | Main | 森見登美彦著「太陽の塔」 »

Comments

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

Posted by: 藍色 | 2012.11.13 10:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 朝倉かすみ著「玩具の言い分」:

« セシル・リカドのショパン | Main | 森見登美彦著「太陽の塔」 »