« 朝倉かすみ著「玩具の言い分」 | Main | 喜多方 くるくる軒 »

2010.08.29

森見登美彦著「太陽の塔」

Taiyounotouはじめはストーカー小説のようで、気分が悪かったが、後半以降空想と現実が混在して進行し、ファンタジーらしく終わった。良いか悪いかとは別に、理屈っぽくて独善的な気もするが、若い頃は自分も似たようなものだったのかと思い起こした。

|

« 朝倉かすみ著「玩具の言い分」 | Main | 喜多方 くるくる軒 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/49288734

Listed below are links to weblogs that reference 森見登美彦著「太陽の塔」:

« 朝倉かすみ著「玩具の言い分」 | Main | 喜多方 くるくる軒 »