« 森功著「許永中 日本の闇を背負い続けた男」 | Main | Alondra de la Parra »

2010.06.30

3大ヴィルトゥオーソによるバラード1番

3人のヴィルトゥオーソが、ショパンバラード1番を演奏している映像を紹介し、これを聴き比べるという贅沢を共に味わいたい。

1人目:ホルヘ・ボレット

ボレットは後の2人に比べると世評は一段下がるが、その技巧と音楽性は非常に高い。大好きなピアニストの1人。

2人目:アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ

ミケランジェリは限りなくパーフェクトに近いピアニスト。レパートリーにも彼なりのこだわりがあり、自分が弾く意義のない曲は名曲と言えども弾くことは無かった。そのミケランジェリがこの曲を演奏していることもまた興味深い。

3人目:ウラディミール・ホロヴィッツ

ホロヴィッツは説明不要とも言える20世紀最高のピアニスト。ただ巧いだけでなく、凶暴とも言えるほどの非常に個性的な演奏を繰り広げた。この曲でも前述の2人とはまるで違う演奏を見せてくれる。

|

« 森功著「許永中 日本の闇を背負い続けた男」 | Main | Alondra de la Parra »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/48762239

Listed below are links to weblogs that reference 3大ヴィルトゥオーソによるバラード1番:

« 森功著「許永中 日本の闇を背負い続けた男」 | Main | Alondra de la Parra »