« 中野翠著「小津ごのみ」 | Main | ソフィア・ヴァシェルクのハイドン »

2010.05.09

2010年エリザベート・コンクールやってます

今年のエリザベート王妃国際音楽コンクールは、ピアノです。
ファースト・ラウンドの83人が24人に絞られ、5月10日(月)からセミ・ファイナルが始まります。その中には日本人の前山仁美佐藤卓史の2人も残っています。
ファースト・ラウンドの演奏はポッドキャストで聴いていますが、まだまだ飛び抜けたピアニストを見つけていません。これがファイナルの12人に絞られると、それぞれの個性も分かるのですが。

|

« 中野翠著「小津ごのみ」 | Main | ソフィア・ヴァシェルクのハイドン »

Comments

あー、もう始まっているんですね。そろそろかなと思っていたのにもうセミラウンドとは。今ニュースでも言ってました、6人もロシア人候補者が残っていると。ベルギー人はゼロで残念です。すばらしい才能がでてきたらいいですね。

Posted by: あかね | 2010.05.09 at 08:35 PM

あかねさん、ご無沙汰です。
韓国勢も随分残ってますね。
ロシアにしても、その国の経済力に後追いで、若い演奏家が育つような気がします。5年もすれば、インド人とか増えるかも。ギリシャ人は当分無理かな。

Posted by: umex@白梅亭 | 2010.05.09 at 08:55 PM

聴き続けていると疲れますね。審査員はさぞかし肉体的にお疲れだろうと思います。セミファイナルとはいえずいぶん水準は高く、ファイナリスト選ぶのはかなり難しい感じがしますね。佐藤卓史さんのソロはどの曲もすばらしかった。間違いなく選ばれると思います。コンチェルトが楽しみ。昨夜のKIM Tae-Hyungさんもすばらしかったなぁ。課題曲もなかなかおもしろくて聞き比べるのがいやじゃありません。(笑)

Posted by: あかね | 2010.05.13 at 06:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/48315668

Listed below are links to weblogs that reference 2010年エリザベート・コンクールやってます:

« 中野翠著「小津ごのみ」 | Main | ソフィア・ヴァシェルクのハイドン »