« 気になるGlazZ | Main | 原宏一著「東京箱庭鉄道」 »

2010.01.11

ロシア人によるイタリアとスペインの奇想曲

Capriccio長く暗く寒い冬の国で生まれ育った人は、南国の異郷に特別な憧れを抱くものなのだろうか。
チャイコフスキーイタリア奇想曲を書き、リムスキー・コルサコフスペイン奇想曲を書いた。曲調はいずれも明るい光に満ちあふれている。それをソビエト時代の名匠キリル・コンドラシンが振った名録音(xrcd24)で聴く事が出来る。
聴いているだけで、青空がまぶしい。何かいい事がありそうな気がしてくるから不思議だ。

|

« 気になるGlazZ | Main | 原宏一著「東京箱庭鉄道」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/47266657

Listed below are links to weblogs that reference ロシア人によるイタリアとスペインの奇想曲:

« 気になるGlazZ | Main | 原宏一著「東京箱庭鉄道」 »