« 奥山清行著「フェラーリと鉄瓶」 | Main | 新海誠を観よう »

2009.10.04

大瀧詠一(61歳)、成瀬映画を大いに語る

Tokyojin雑誌「東京人」2009年11月号が「映画の中の東京」という特集を組んでいたので、手に取ってみたら、大瀧詠一川本三郎を相手に、かなりマニアックな成瀬映画の楽しみ方を語っていた。何より驚いたのはメディアに出る事のない大瀧が、写真に写っている。これは仙人か火星人を写真に収めたような快挙ではないか!
大瀧の話を理解するには、成瀬巳喜男監督の「銀座化粧」と「秋立ちぬ」の2本の映画を観て、川本三郎の「銀幕の東京」という本を読み、東京都中央区界隈の地理を把握していなければならない。とにもかくにも、大瀧の偏執狂には驚きを越えて、呆れる。
大瀧さん、お願いですから、仕事してくださいよ。そのエネルギーを音楽制作に使いましょうよ。

|

« 奥山清行著「フェラーリと鉄瓶」 | Main | 新海誠を観よう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/46390560

Listed below are links to weblogs that reference 大瀧詠一(61歳)、成瀬映画を大いに語る:

« 奥山清行著「フェラーリと鉄瓶」 | Main | 新海誠を観よう »