« ソニーとトヨタ、赤字記念限定モデル | Main | 山口瞳著「江分利満氏の優雅な生活」 »

2009.01.16

長部日出雄著「邦画の昭和史」新潮新書

副題「スターで選ぶDVD100本」のとおり、監督別ではなく、役者ごとに著者のオススメ邦画がたっぷり紹介されている。流石、作家業の前は映画評論で食っていただけあって、なるほど鋭いと唸る本だった。
特に面白く感心したのは、

大女優の成長と成熟の段階は、
「かわいい」→「美しい」→「凄い」→「怖い」
という変化の過程を辿る。

と定義し、黒澤の「蜘蛛巣城」で山田五十鈴は「怖い」に到達したと書き、加えて、
現在では岩下志麻と浅丘ルリ子が「怖い」に近付いている

には笑えた。
また監督と女優との仲については、もう少し掘り下げて欲しかった。小津安二郎原節子溝口健二田中絹代など、当時は俗な芸能ネタでも、今となっては映画史研究の新たな切り口にもなるだろう。

|

« ソニーとトヨタ、赤字記念限定モデル | Main | 山口瞳著「江分利満氏の優雅な生活」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/43759543

Listed below are links to weblogs that reference 長部日出雄著「邦画の昭和史」新潮新書 :

« ソニーとトヨタ、赤字記念限定モデル | Main | 山口瞳著「江分利満氏の優雅な生活」 »