« 向田邦子のエッセイと短編小説 | Main | プロコフィエフ「ヘブライの主題による序曲」 »

2008.12.02

最強の2番目 コージー・パウエル

Tilt史上最強のロック・ドラマーは、ジョン・ボーナムだ。これは誰もが認めるところだろうが、さて2番目はとなると意見が分かれるだろう。自分にとって2番は、コージー・パウエルだ。
1980年代初頭、ジョン・ボーナムの死後、コージーのツェッペリン参加が有力視された。結局それは実現しなかったが、当時その実力は誰もが認めるところだった。
コージーのドラムは、ジェフ・ベック・グループレインボーホワイトスネイクのアルバムで聴けるが、個人的に思い出深いのは彼のセカンド・ソロ・アルバムの"Tilt"だ。
全8曲のうち、ジェフ・ベックとゲイリー・ムーアが2曲ずつ参加している。高校生だった当時、ゲイリー・ムーアの速弾きする"The Blister"に驚喜した。貸レコードからダビングしたカセット・テープを擦り切れるほど聴いたものだ。先日偶然CD屋で見つけ、迷わず購入した。今聴いても素晴らしいアルバムだ。

|

« 向田邦子のエッセイと短編小説 | Main | プロコフィエフ「ヘブライの主題による序曲」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/43301933

Listed below are links to weblogs that reference 最強の2番目 コージー・パウエル:

« 向田邦子のエッセイと短編小説 | Main | プロコフィエフ「ヘブライの主題による序曲」 »