« ソフィア・ローレンのアイーダ | Main | 丸谷才一著「輝く日の宮」 »

2008.08.09

グルジアとロシアの武力衝突を考える

日本でどの程度報道されているのか分かりませんが、大変なことが起こっています。
グルジアとロシアが武力衝突を起こし、すでに千人以上の非戦闘員が殺されているのです。現段階で宣戦布告をしているわけではないので戦争とは言えませんが、本格的な空爆も行われているようです。
ところがこの地域に関しては、日本人には馴染みのない場所なので、そもそもどこで、何が起こっているのか、よく分からないかもしれません。
Georgia左の地図のとおり、グルジアは黒海の東にあり、北にはロシア連邦に接しています。グルジアはGeorgiaと書き、英語ではジョージアと発音します。グルジアは1991年までソビエト連邦に加盟していましたが、ソ連の崩壊により独立しました。
Ossetia今回の紛争となっているのは、グルジア北部のオセチアという地域です。このオセチアはグリジア人とは異なるオセチア人が住んでおり、グルジア共和国の中でも、南オセチア自治州とされています。この南オセチア自治州は1993年に、南オセチア共和国として独立宣言をしていますが、グルジア共和国はそれを認めておらず、国際社会も承認していません。
さてその南オセチアの後ろ盾になっているのがロシアです。ロシアは平和維持軍という名目で軍隊を南オセチアに駐留させていました。

以下、個人的な考察として、、、
ではなぜロシアがそれほどまでに南オセチアに肩入れするのかというと、理由は二つあります。
一つ目は石油です。カスピ海の石油を欧米に輸出する際、グルジアはパイプラインの中継ポイントになっています。カスピ海沿岸のロシア国内でも石油が出ますので、そう言う意味ではロシアにとってグルジアは商売敵の物流子会社のようなものです。グルジアはパイプラインを人質にロシアを見捨てて欧米に急接近しているのです。
理由の二つ目は、グルジアがNATO加盟を目指していることです。ロシアとしては踏んだり蹴ったりです。石油の利権を失い、喉もと(南側だから「股間」とも言える)にナイフを突き付けられているのです。
つまり状況的にはロシアが追い詰められているのです。追い詰められた猫がネズミに噛み付き出したようなもです。ロシアにとってオセチアは最後の切り札なのかもしれません。
国際紛争は力のバランスが崩れたときに生じます。今回も民族の自立などと言う綺麗ごとではないのです。

そこで今後の展開を予想してみましょう。
ロシア株式会社は今、プーチン会長とメドベージェフ社長の体制になりました。依然として実権は会長が握っていますが、社外的には社長を前面に立てようとしてます。蝮の会長は、社長に攻撃の火ぶたを切らせ、自分は火消し役になるつもりのようです。事実オリンピックの開会式出席で北京入りした会長は、「戦争は誰にとっても不要だ」と各国首脳に言い回っているようです。
ロシアがどこまで欧米の譲歩を引き出せるかが見物です。例えば国連の平和維持軍を引っ張り出せば、ロシアもそれに図々しくも加わることになるでしょう。そうすればグリジアのNATO加盟は当分お流れです。さらに上手くいけば、石油の蛇口としてグルジアの国際的信頼度を失墜させることができます。
ロシアの今回の一手は、勝ちはしないが、負けにはならない、引き分けに持ち込む戦略のようです。
さてそれに対する欧米諸国(特にNATO加盟国)は、案外ロシアの戦略に対してウエルカムなのかもしれません。彼らにしてみれば石油は欲しいが、軍隊(NATO軍)は出したくないのが本音です。つまりグルジアがNATOに加盟したら、民族紛争のたびにNATO軍を送らなければなりません。バルカン半島の苦い経験はもうコリゴリなのです。
そこまで考えると、今回の紛争は出来レースだったのかもしれません。オリンピックに花を添える余興だったのかもしれません。
更にアメリカ大統領選の両候補それぞれの立場から、考えてみるのも面白いですね。

んん、ちょっと飛躍し過ぎたかもしれません。不謹慎でした。

|

« ソフィア・ローレンのアイーダ | Main | 丸谷才一著「輝く日の宮」 »

Comments

日本では北京オリンピックの次くらいに大きく報道されています.本日土曜日の朝日新聞の夕刊では一面トップの扱いです.

グルジアの不安定さに関しては,だいぶ前ですが NHK の現代のシルクロードのシリーズの中で取り上げられました.アゼルバイジャンも同様の問題の枠組みだと思います.それにしても,こんな狭い地域で親ロシア派と反ロシア派に分かれていては,それこそ外国の介入を招くだけです.

かつてのスターリン,ソ連の外相シュワズナゼの母国でもあるグルジア.ロシアとオスマントルコという強大な国家の狭間にあって生き延びる術を学んでいたはずの国なのですが,大衆ナショナリズムの前にはリアリズムが霞んでしまったかのように見えます.

Posted by: 俊(とし) | 2008.08.09 06:56 PM

俊さん、コメントありがとうございます。それほど日本でも注目されているとは、ちょっと意外でした。
たぶんカスピ海の資源関連で日本もカザフスタンにずいぶんカネを注ぎ込んでいるからでしょうか?
またロシアにも随分カネを入れてますので、今ロシアに国際的な非難が集まるのは困るでしょうね。

Posted by: umex@白梅亭 | 2008.08.10 01:12 AM

コソボ的な南オセチア自治州に
先制攻撃したのはグルジア軍だぞよ!
そもそも人口400万人のグルジアの軍隊は18000名で
ロシア軍には到底適わないのに
親露的南オセチア自治州に先制攻撃し忽ちロシア軍に撃退サル!W

あの強力なカチュウシャ連発ロケット砲を無謀にも発射して民間人に多大な損害を与えたのはグルジア軍であることを認識しよう!

サーカビリ大統領はコロンビア大卒でニューヨークで弁護士をやってたがソ連崩壊でカスピ海原油
油送管を通す為に、アメの資金援助で大統領に成った、アフガンの
カルダイと同じアメの傀儡政権である事を皆様ご認識頂戴増せ!WW

Posted by: ch | 2008.08.16 09:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference グルジアとロシアの武力衝突を考える:

» グルジアの母の像(と人海戦術) [Takano's diary]
著者校終わりました……『赤い星』はほぼ予定通りに出ます。っていうか、数日遅れる可 [Read More]

Tracked on 2008.08.09 07:20 PM

» 南オセチア自治州 [よしえの出来事]
ロがグルジア空爆継続 南オセチア、州都で戦闘 47NEWS【モスクワ9日共同】グ... [Read More]

Tracked on 2008.08.09 11:30 PM

» 南オセチア紛争 [ブログ界の正論]
賭けに出たグルジア 南オセチア紛争 ロシアの軍事介入を招いて戦闘が激化している南オセチア紛争は、親欧米であるグルジアのサーカシビリ政権が欧米諸国の支援を当て込み、国際社会の注目が集まる北京五輪開催に合わせて同自治州再統一の賭けに出たとの見方が出ている。米....... [Read More]

Tracked on 2008.08.10 02:21 PM

« ソフィア・ローレンのアイーダ | Main | 丸谷才一著「輝く日の宮」 »