« ガブちゃん6位入賞 | Main | バイオリン小品集の最高傑作 »

2008.05.31

チョン・ミョンフンの「運命」

Myungwhun昨晩、チョン・ミョンフンシュターツカペレ・ドレスデンを率いてブリュッセルにやって来たので、聴きに行った。
メシアンやモーツァルトも演ったが、圧巻はベートーヴェンの交響曲第5番「運命」であった。
第1、第2楽章は比較的オーソドックスな硬質感が印象的だったが、第3楽章では非常に立体的に構築し、第4楽章ではアクセル全開で疾走した。
全体的にスポーティーで、カラヤンやカルロス・クライバーのようなテンポであったが、充分に力強く、適度な重量感が良かった。
前から3列目のど真ん中の席だったので、チョン・ミョンフンの華麗な指揮ぶりも堪能できた。
鳴り止まない歓声と総立ちの聴衆に、チョン・ミョンフンは笑顔で応えた。

|

« ガブちゃん6位入賞 | Main | バイオリン小品集の最高傑作 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/41382278

Listed below are links to weblogs that reference チョン・ミョンフンの「運命」:

« ガブちゃん6位入賞 | Main | バイオリン小品集の最高傑作 »