« ビールの話を少々 | Main | 驚異のギター奏法 Andy McKee »

2008.04.18

アレンスキーのピアノ三重奏曲第1番

米国ボストンにIsabella Stewart Gardner Museumという美術館があります。この美術館のつづれ織りの間において、定期的に室内楽の演奏会が催され、それがポッドキャストで配信されています。
いつもはそれを聞き流しているのですが、先日ダウンロードした分には、耳が反応しました。チャイコフスキー風のピアノ・トリオで、演奏にも迫力があって非常に良かったのです。
調べてみると、アントン・アレンスキーというロシアの作曲家によるもので、演奏はThe Chamber Music Society of Lincoln Centerのメンバーによるものでした。アレンスキーはモスクワ音楽院でラフマニノフに作曲を教えています。
普段ポッドキャストは何度も聞き直さないのですが、この演奏は永久保存版として、曲の前後のコメントや他の曲の部分を削って、AACに変換してiTunesに入れ直しました。

|

« ビールの話を少々 | Main | 驚異のギター奏法 Andy McKee »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/40911962

Listed below are links to weblogs that reference アレンスキーのピアノ三重奏曲第1番:

« ビールの話を少々 | Main | 驚異のギター奏法 Andy McKee »