« 松田聖子「夏の扉」 | Main | 細野晴臣「トロピカル・ダンディー」 »

2008.03.28

小金井喜美子の名文

小金井喜美子が書いた「鷗外の思い出」という随筆集を読んだ。流石文豪鷗外の妹だけあって、文章が上手い。技術的に上手いというのではなく、スッキリと読みやすく、味わいがある。
随筆集の前半では、幼い妹から見た九歳上の青年鷗外の姿が、敬愛の情を持って描かれている。庭に居たら兄に声をかけられ散歩に出た話や、初めて近所の寄席に連れて行ってもらった話、浅草で写真を撮ってもらった話など、ほのぼのとしている。
後半に進むにつれて、洋行帰りの舞姫事件や、所帯を持った後の家庭不和などが語られ、家庭人鷗外の苦渋が読み取れる。
中でも興味深かったのは、「兄の手紙」と題された一編に載せられた、地方勤務の鷗外から、主婦となった喜美子への手紙である。その手紙で鷗外は妹を「おきみさん」と呼びかけ、愛情の籠もった処世訓を送っている。意訳すると、、、
―――家事に追われる不満があるならば、少しでも哲学や儒教や仏教を学ぶと良い。学んでそれに疑いを持つのも良い。疑うことでその疑いが解けることもある。そして道が分かれば、普段の暮らしが如何に大切であるかが分かり、楽しいものになるだろう。
理路整然とアドバイスしているところが鷗外らしく、面白い。

読み終えて、ふと思った。もしやこの随筆集は喜美子が口述したものを、誰かが筆記校正したものではないかと。「です、ます」調の語り言葉で、無駄がなくリズムが良い。どう読んでも素人の文章には思えないのだ。この随筆集は昭和三十年、喜美子が八十四歳のときに出版されている。その頃、喜美子の孫にあたる青年が同人誌に小説を発表したりしている。もしやその青年による文章なのではないか。全く馬鹿げた空想ではあるが、これにはそう考えたくなる理由がある。その青年とは星新一であるからだ。

|

« 松田聖子「夏の扉」 | Main | 細野晴臣「トロピカル・ダンディー」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/40669101

Listed below are links to weblogs that reference 小金井喜美子の名文:

» 「鴎外の思い出」小金井喜美子 [confidential memorandum of ogawama]
私は、ブログをかなり読んでいる方だと思う。はてなアンテナには120以上登録してい... [Read More]

Tracked on 2008.03.30 at 01:47 AM

« 松田聖子「夏の扉」 | Main | 細野晴臣「トロピカル・ダンディー」 »