« ヒラリー・ハーンの行く道 | Main | シド・チャリシーのダンス »

2008.02.25

桂枝雀「地獄八景亡者戯」

Shijyaku落語のDVDを観た。戦慄した。
この桂枝雀による「地獄八景亡者戯」は随分昔にテレビで観た記憶があった。但し、1時間番組で放送されたのは前編だけ。演目の長大さに驚いたのと、続きが聴きたい気持ちが強く残ったのを憶えている。このDVDでは、なんと休憩を挟んで、前後編全て収録されている。
元々は上方の古典落語なのだが、初めて聴いたときは、枝雀の創作落語だと思っていた。原型は江戸時代の町人噺のようなのだが、設定は現代風なのだ。
ストーリーは言うなれば地獄見物。あの世に辿り着いて、閻魔大王の裁きを受けるまでの珍道中である。地獄もすっかり資本主義の観光地のようになってしまっている。
この演目も何人かの名人が取り上げているようだが、落語もクラシック音楽と同じで、作品を演者がどう再現するかによって、全く別の面白みを味わえるようだ。
「戦慄した」と書いた訳は、枝雀の凄さだ。感心したのは、作品と現実が交錯する不条理を取り入れていた箇所だ。落語の中で落語を始めてしまったり、登場人物に自分は登場人物だと言わせたりしている。変だと思う気持ちが、おかしいのだ。
そしてこの天才は首を吊って、自らこの作品の中へと旅立ってしまった。枝雀師匠、このオチはおかしいと思います。

|

« ヒラリー・ハーンの行く道 | Main | シド・チャリシーのダンス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 桂枝雀「地獄八景亡者戯」:

« ヒラリー・ハーンの行く道 | Main | シド・チャリシーのダンス »