« トスカニーニによる完璧なる「運命」 | Main | MacBook Air発表で思い出した我が歴代ノート型Macたち »

2008.01.17

「激流中国」を観て

年末年始に日本に行っていた。本とDVDをごっそり買い込み、更にテレビ番組もいくつかDVDに録画して持ち帰った。
その中で衝撃だったのは、再放送されていた「激流中国」の「富人と農民工」の回である。この番組は相当反響があったようで、今更ここに書くには及ばないのだろうが、とにかく驚いた。
中国での貧富の格差について、噂には聞いていたが、あれほどに凄いとは思わなかった。多分日本を含む欧米先進国を見渡しても、あれほどの格差は存在しないのではなかろうか。
ロシアや東欧諸国も急速な市場主義化により、貧富の格差は問題となりつつあるが、番組で紹介された中国のような悲壮さはない。
確かにいつの世も金持ちと貧乏人は存在し、貧乏人はどんなに苦労しても、その貧乏から抜け出せないという悲劇は繰り返されている。しかしその繰り返しの中で、社会全体の豊かさが底上げされ、貧乏の程度も少しはマシになるようだ。
成熟した欧州から見ると、中国とは得体の知れない巨大な幼虫のようである。不気味に蠢いて、成長するとどんな姿になるのか予想もつかない。そんな超大国の傍らに、冬のキリギリスのように息を潜める日本という国は、遠くから見て実に心細い。

|

« トスカニーニによる完璧なる「運命」 | Main | MacBook Air発表で思い出した我が歴代ノート型Macたち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「激流中国」を観て:

« トスカニーニによる完璧なる「運命」 | Main | MacBook Air発表で思い出した我が歴代ノート型Macたち »