« 女王再臨 Anne-Sophie Mutter演奏会 | Main | 驚異のベーシスト、天才少女タルちゃん見参 »

2007.11.25

"The Starfish and the Spider" by Ori Brafman and Rod A. Beckstrom

Starfishandspider組織論、広く言えば社会学の本。「ヒトデはクモよりなぜ強い」という気色悪いタイトルと装丁で日本語訳も出ているようだが、原書の方はご覧の通りスッキリとしている。
内容は中央集権(centralized)と分権(decentralized)の優劣を論じるという古典的なネタだが、例え話が現代的で、面白く読んだ。
タイトルの通り、中央集権的な組織をスパイダー(クモ)型、それに対して分権化されたネットワーク的な組織をスターフィッシュ(ヒトデ)型として、説明されている。クモは頭をもぎ取れば死んでしまうが、ヒトデはそもそも頭がなくて、その足をもぎ取っても死なない。それどころか、真っ二つになっても蘇生し、二匹になるそうだ。
つまりCEOがいて本社が指揮命令するようなピラミッド組織の会社はスパイダー型で、自発的に発生したNGOやボランティアの集まりは、リーダーもトップダウンの指示もないスターフィッシュ型の組織だと言っている。ここまでは納得。
そこからは我田引水的にスターフィッシュ型の仕組みや優位性が書き並べられている。ちょっと眉唾かなとも思いながら読み続けると、スターフィッシュ型にも無秩序に陥るのリスクがあると言い出し、結局はスターフィッシュ型とスパイダー型のハイブリットが良いという着地点に落ち着く。その事例として、最後はドラッカーや日本的経営の見本としてトヨタが出て来て、オイオイそういうオチかよとツッコミたくなる。
大筋では目新しい論理展開はないが、いろいろな事例がなかなか興味深かった。
本書のサイトでは、序章と第1章が読める

|

« 女王再臨 Anne-Sophie Mutter演奏会 | Main | 驚異のベーシスト、天才少女タルちゃん見参 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/17187102

Listed below are links to weblogs that reference "The Starfish and the Spider" by Ori Brafman and Rod A. Beckstrom:

« 女王再臨 Anne-Sophie Mutter演奏会 | Main | 驚異のベーシスト、天才少女タルちゃん見参 »