« "Sea of Thunder" by Evan Thomas | Main | 幻だったレーベル "Black Jazz Records" »

2007.11.12

「綺堂むかし語り」と、電子書籍について少々

半七捕物帳」で有名な岡本綺堂によるエッセイ集である。
明治5年生まれの麹町育ちとあって、幼少時の東京の描写は、江戸の名残がたっぷりで興味深い。当たり前だが、明治維新、文明開化で、庶民の生活が一変したわけではなかった。人力車や馬車が走り回るようになっても、庶民の暮らしは江戸の頃と同じ。時間はゆったりと流れ、あくせく働かず、芝居を観たり、湯屋に通ったりしている。
「ゆず湯」という話は、エッセイというより短編小説といえるほどの完成度で、感嘆に値する。
明治の東京の風物エッセイ以外にも、日露戦争での従軍記者としての思い出話なども収録されている。雇った中国人苦力の実直さに接し、侮蔑していた自分を恥じる話など、戦場の血生臭い話はなく、異国の人情風物が水彩画のように書き綴られている。

このエッセイ集は全編かなりのボリュームが収録されており、毎日少しずつ読んでいる。と言っても紙の本ではなく、青空文庫に公開されているデータを、azurという読書用閲覧ソフトで縦書き表示にして、パソコンのモニタで読んでいる。縦書き表示にして大きめの好みのフォントで読むと、紙の本同様に全くストレスなく読める。
またazurは、見開いているページのイメージをjpegファイルに出力でき、液晶パネルのあるデバイスであれば、携帯電話でも、デジカメでも、PSPなどのゲーム機でも、読書することが出来る。しばらく前からPalm LifeDriveで読んだりもしているが、データ転送や操作性に多少の不満があり、最近はあまり活用していない。
今のところ読書デバイスとして決定版がないため、電子書籍が紙の本を駆逐する日は遠いように思える。

|

« "Sea of Thunder" by Evan Thomas | Main | 幻だったレーベル "Black Jazz Records" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「綺堂むかし語り」と、電子書籍について少々:

« "Sea of Thunder" by Evan Thomas | Main | 幻だったレーベル "Black Jazz Records" »