« 「綺堂むかし語り」と、電子書籍について少々 | Main | 女王再臨 Anne-Sophie Mutter演奏会 »

2007.11.15

幻だったレーベル "Black Jazz Records"

Bj_logo今はもう「幻の」ではありません。簡単に入手できるようになったからです。どういうことかというと、、、
今は昔、1971年から1976年にかけて、わずか20枚のアルバムをリリースをしただけのレコード・レーベルがありました。それがBlack Jazz Recordsです。その名の通り、黒人によるジャズ音楽なのですが、当時のジャズと言えば、ロックや電気楽器の影響を受け、ジャズという枠組み自体が意味をなさないくらい、グチャグチャになっていた時期です。
さて当時のリリースは当然、アナログ塩化ビニール盤です。いわゆるLPレコードですね。ところが近年クラブのDJ諸氏が、好んでこの音源を使うようになると、一気にCD化され通信販売されました。奇特なマニアがわざわざ通販でお取り寄せしていた頃はまだ「幻の」と言えたかもしれません。
ところが今やBlack Jazz Recordsのオフィシャル・サイトでは、全ラインアップがダウンロードで購入できるようになってしまったのです。つまりもう幻ではなくなったのです。
早速ひととおり試聴して、4枚ほど購入しました。アルバム1枚8.50米ドルで、192kbpsという高音質のmp3ファイルが購入できます。クレジット・カードで決済を済ますと、eメールが送られて来て、それに記載されているURLからダウンロードができる仕掛けです。それを聴くためには、iTunesなどのソフトに読み込まなければならないので、ちょっと面倒です。

さてさて音楽はどうなのかというと、黒々しています。電気楽器も使ってますし、ファンクやロックの要素も多分に含まれています。まさにブラック・ジャズという言葉から想像される音楽です。
お薦め盤をあげるほど聴き込んでいませんが、ベーシストのHenry FranklinとギタリストのCalvin Keysのデビュー当時の作品は良い収穫でした。今後も買い足して、良いものが選べたら、あらためて紹介しましょう。

それにつけても、大枚をはたいてLPレコードを買い集めたマニア諸氏には、少し気の毒な世の中になりましたね。長い尻尾はどこまで長くなるのやら。

|

« 「綺堂むかし語り」と、電子書籍について少々 | Main | 女王再臨 Anne-Sophie Mutter演奏会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幻だったレーベル "Black Jazz Records":

« 「綺堂むかし語り」と、電子書籍について少々 | Main | 女王再臨 Anne-Sophie Mutter演奏会 »