« うなぎの思ひ出 | Main | 知られざる無伴奏バイオリンの名曲 »

2007.10.24

作曲家稲葉浩志について

Uura宇浦冴香のデビューアルバム”Juke Vox”を聴いてみた。なぜに現役女子高校生の歌を聴いたかというと、稲葉浩志がプロデュースと作曲をしていたからだ。
稲葉は普段のB’zとしての活動時は、ボーカリストと作詞家に徹し、作曲をしていない。相棒である松本孝弘が稀代のメロディーメーカーであるため、その必要がないのだ。しかしソロアルバムで聴ける稲葉の書いた曲はかなり面白い。コード進行が予想できないのだ。次に来る音が意外なのだ。それでいて繰り返して聴くうちに、癖になる魅力がある。
多分これは楽器演奏者による一般的な作曲法ではないからだろう。つまりギターなどを弾いていると、お決まりのコード進行の上にメロディーを乗せてしまう傾向がある。これはメロディーラインや楽曲の展開に安定感が出る反面、退屈な予定調和に陥る危険性を孕んでいる。稲葉の場合はこれとは異なり、歌うことでメロディーを生み出しているのではないだろうか。つまり楽器演奏から解放されたイマジネーションが感じられるのだ。
この宇浦のアルバムも、すぐに稲葉のものだと分かるメロディーが満載されている。宇浦の歌もまた凄い。とにかく高音を易々と出している。それも金属的なシャウトではなく、地声のような野太さがある。背丈が170cmあるそうなので、身体が木管楽器のように鳴っているのだろう。

|

« うなぎの思ひ出 | Main | 知られざる無伴奏バイオリンの名曲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/16859766

Listed below are links to weblogs that reference 作曲家稲葉浩志について:

» コード進行 [コード進行]
コード進行について 色々説明しています。よければごらんください。 [Read More]

Tracked on 2007.10.24 at 10:51 PM

« うなぎの思ひ出 | Main | 知られざる無伴奏バイオリンの名曲 »