« クラシックの定期演奏会シーズンが開幕 | Main | ロンドンのミソ・スープ »

2007.09.17

演奏中に携帯が鳴ったチェロ奏者

ベルギー国立オーケストラの定期演奏会。休憩を終え後半すぐに事件は起こった。
ドボルジャークの交響曲8番、第1楽章の冒頭で、どこからともなく携帯電話の着信音が。よくよく耳を澄ますと、ステージ上から聞こえるではないか。見ると一人のチェロ奏者がポケットを探っている。その間、当然演奏は続いている。携帯の電源という奴は、こういうときに限って、すぐに切れないように設計されているようだ。慌てるそのチェロ奏者は、しばらく携帯電話と格闘の後、やっと着信音を止めることに成功した。

演奏会自体は、こんなハプニングがあったものの、なかなか良い出来だった。
演目は、スメタナのモルダウ、シマノフスキーのバイオリン協奏曲第1番、そして上述のドボルジャークの8番というスラブ物3本立て。
Walter_weller指揮は、今シーズンから常任に就いたワルター・ウェラー。バイオリン独奏は、アラベラ・シュタインバッハー
演奏は全体的に、マイルドに洗練されたバランスの良いものだった。その分、荒々しさや、音の重厚さは不足気味。それでも管楽器パートが非常に巧く、安心して気持ち良く聴けるオーケストラだ。
Arabellaアラベラによるシマノフスキーは、なかなか立派なもので、難曲を乱れなく綺麗にまとめていた。最終楽章のカデンツァは、近くの席だったせいもあって、鳥肌が立った。ちなみに彼女は母親が日本人で、「美歩」という名前も持っており、来月には日本でN響と競演するそうだ。

|

« クラシックの定期演奏会シーズンが開幕 | Main | ロンドンのミソ・スープ »

Comments

umex様こんばんは。
あまりに「珍事件」ですので、拙ブログで紹介させて頂きました。こんなこともあるんですねぇ。
あとアラベラ・シュタインバッハーですが、なかなか将来が期待できそうな若手だと私も思います。まだまだ日本での知名度はイマイチですが、来日公演でファンの間で認知度が上がれば良いですね。

Posted by: おかか1968 | 2007.09.26 at 08:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/16471676

Listed below are links to weblogs that reference 演奏中に携帯が鳴ったチェロ奏者:

» コンサートで演奏中ケータイを鳴らしたのはナント… [「おかか1968」ダイアリー]
 ブログ「白梅亭」でこんな記事を見つけました。今月14日、ベルギー国立響がドヴォ [Read More]

Tracked on 2007.09.26 at 08:13 PM

« クラシックの定期演奏会シーズンが開幕 | Main | ロンドンのミソ・スープ »