« Frankfurter Museumsorchester | Main | Silbermond "Laut Gedacht" »

2007.03.25

Moskauer Philharmonikar

モスクワ・フィルが来たので、昨夜アルテ・オパーに聴きに行った。席は1列目の14番。まさに一番前のド真ん中。まるでジェットコースターの最前列に乗ったような面白さだった。
指揮は常任のYuri Simanov、ピアノにKirill Gerstein。
まずは小手調べにリムスキー・コルサコフの序曲。
次にスクリャービンのピアノ協奏曲。最前列だったせいで見上げる位置にピアノが横たわり、手を伸ばせばGersteinの足首が掴めるほど。Gersteinは弾きながら鼻歌を歌う。演奏はまずまずの出来で、このショパンのような細身の協奏曲を、しっかりと野太い音で弾けていた。テンポや抑揚は優等生的で、もう少し冒険して欲しかったが。
Gersteinのアンコールは2曲。シューベルトの歌曲「魔王」をリストが編曲したものと、「リストなしのシューベルト、即興曲」とドイツ語で曲紹介し「変ト長調」を演奏。
休憩を挟んで、ラフマニノフの「交響的舞曲」。これには驚いた。兎に角テンポが遅い。第1楽章の冒頭は、疾走するものだとばかり思いこんでいたのに、Simanovは牛歩のように始めた。徐々に加速するのかとの期待も裏切り、牛歩はやがて象の匍匐前進に。遅い分だけ濃厚さは増して、第2楽章のワルツも不気味に仕上がった。第3楽章も遅い。全く予想外の演奏だった。昔から大好きな曲だったが、入手できるCDもほとんどなく、実演もはじめてだったので、大いに期待していたが、全く別の曲を聴いたような気分で終わった。ただ期待とは違ったが、演奏の質は高かったのは確かだ。
アンコールは、チャイコフスキーとシベリウスとハチャトリアンのワルツを3曲も大サービスし、大いに盛り上がった。
Simanovはロシアの農夫のような小太りの容貌で、その指揮ぶりは酔って盆踊りをしているかのようだった。あまりのオーバーアクションに、ときどき指揮台がズズっと3センチほど動くのである。このおじさんが席に墜ちてきたらどうしようと冷や冷やした。このように動作は愛嬌があるのに表情は無愛想。ただアンコールも全て終え、最前列で立ち上がって拍手を送ると、目があった瞬間、少しだけニコリとした。

|

« Frankfurter Museumsorchester | Main | Silbermond "Laut Gedacht" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/14400129

Listed below are links to weblogs that reference Moskauer Philharmonikar:

« Frankfurter Museumsorchester | Main | Silbermond "Laut Gedacht" »