« 青山七恵著「ひとり日和」文藝春秋2007年3月号 | Main | Moskauer Philharmonikar »

2007.03.12

Frankfurter Museumsorchester

昨日アルテ・オパーであった、クラシックの演奏会に行った。
フランクフルトには、定期演奏会を開くプロのオーケストラが二つある。一つは以前にも書いたhr-Sinfonieprchester。もう一つがこのFrankfurter Museumsorchesterだ。前者が放送局所有のオーケストラであるのに対して、こちらはオペラ座付属のもの。本職はオペラの伴奏だが、こうしてホールのステージで定期演奏会も開いている。
昨日は日曜の真っ昼間の演奏会だったせいか、客は高齢者ばかり。平均年齢は多分70を超えていたのではなかろうか。
席は12列の18番。ステージを正三角形の底辺にすると、丁度その頂点の位置。つまり自分の席から約60度の角度でオーケストラが視野に収まる。遠くなく近くなく、左右のバランスも良く、音響的には最高の席だった。47ユーロ。
指揮はロシア人のKirill Petrenkoが客演。あれっと思うほどの貧相な小男だったが、 指揮姿は華麗で巨匠風だった。
最初はいきなりラフマニノフの交響詩「死の島」。周りの高齢者が全滅するのではないかと思うほど、悲壮感に満ちた暗く深い曲。これは非常に良い出来だった。メリハリを利かせ、地味な曲を立体的に構築していた。
そのあと、バイオリンのKathy Kangを招き入れ、サン・サースの明るい派手な曲を二つ。HavanaiseとRondo Capriccioso。韓国人の彼女は、気の毒にも美貌には遠く、演奏会映えしないため、プロのソリストとしては損をしていた。また演奏も、低音の唸りがないのと、全体に音が弱いせいで、手放しには満足は出来なかった。但し速いパッセージの技術は見事で、アンコール(不明曲、多分パガニーニ?)でも、超絶技巧を発揮して、客を喜ばせていた。
休憩を挟んで、最後はラフマニノフの交響曲第3番。演奏自体は非常に良く整理され、それでいて大胆で迫力があったのだが、この楽曲自体、後半の楽章が難解であるため、演奏会で客を喜ばすのには適さない。事実、周りの客は首をひねり、カーテンコールもそこそこに、足早に会場を出る人が多かった。どうせならば2番か、それこそ交響的舞曲にすれば、もっと盛り上がっただろうにと大いに悔やまれる。
午前11時に始まり、午後1時には終わった。

|

« 青山七恵著「ひとり日和」文藝春秋2007年3月号 | Main | Moskauer Philharmonikar »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/14242126

Listed below are links to weblogs that reference Frankfurter Museumsorchester:

« 青山七恵著「ひとり日和」文藝春秋2007年3月号 | Main | Moskauer Philharmonikar »