« 森まゆみ著「明治・大正を食べ歩く」PHP新書 | Main | Frankfurter Museumsorchester »

2007.02.19

青山七恵著「ひとり日和」文藝春秋2007年3月号

フランクフルトには日本語書店が一軒だけある。雑誌や文庫本が日本の二倍近い値段で売られている。品揃えも少ないので普段利用することはないのだが、文藝春秋最新号に石原慎太郎と村上龍と綿矢りさの鼎談が載ったので買い求めた。鼎談は当たり障りのない世間話程度で、文学論などには全く踏み込んでいず期待外れ。
同号に芥川賞受賞作の「ひとり日和」が全文載っていたので、折角だからと読んでみた。何だかぼんやりとした虚無感に満ちた小説だった。
「まるで綿矢の『インストール』の続編だな」と、読み始めてすぐに思ってしまったためか、読みながら2時間ドラマのように頭の中で映像化してしまった。登場人物のキャスティングは、主人公の20歳のフリーターに上戸彩、同居することになった遠縁の老婆には森光子、主人公を残して中国に行ってしまったその母親には原田美枝子。こう配役してみると結構読めるものになった。
ストーリーは単純で、主人公が老婆との一年間の同居生活の中で、失恋をしたり、転職したりしながら、淡々と時間が過ぎていく。
芥川賞選考委員でもある石原慎太郎と村上龍は揃って褒めているが、むしろ同委員の山田詠美が評した通り、「大人の域に一歩踏み出す手前のエアポケットのような日々が淡々と描かれ……いや淡々とし過ぎて、思わず縁側でお茶を飲みながら、そのまま寝てしまいそう……日常に疲れた殿方にお勧め。私には、いささか退屈」に全く同感。
出来の悪い小説ではないが、物足りなさが残る。

|

« 森まゆみ著「明治・大正を食べ歩く」PHP新書 | Main | Frankfurter Museumsorchester »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/13974313

Listed below are links to weblogs that reference 青山七恵著「ひとり日和」文藝春秋2007年3月号:

« 森まゆみ著「明治・大正を食べ歩く」PHP新書 | Main | Frankfurter Museumsorchester »