« 佐々木俊尚著「グーグル Google 既存のビジネスを破壊する」 | Main | Rachmaninov "Symphonic Dance" »

2006.10.05

Palm LifeDrive購入

Lifedrive
以前「欲しいなぁ」と書いていたPalm LifeDriveを購入した。
生産終了&在庫一掃なのか、正価449ユーロが、amazon.deで229ユーロで売られていた。3分の2の値段だ。迷わず発注したら2日後には配達された。
まず初期起動時に使用言語を選択する。英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語など欧州各国の言語をカバーしているが、日本語は当然ない。取り敢えず英語を設定し起動。
インターネットで調べたら、「J-OS for LifeDrive」という日本語パッチと、「J-OS IME」という日本語入力ソフトがあることを知って、早速ダウンロードして、インストールしてみた。呆気ないくらい簡単に日本語化できた。
この種の機械は、ハンドヘルド・コンピュータとか、PDA(Personal Digital Assist) とか、古くは電子手帳とか言われているが、こちらでは一般にオーガナイザーと呼ばれている。本来はスケジュール帳やアドレス帳の機能が主だったが、今では音声や動画のファイルも扱えるように進化している。無線通信(Wi-Fi)も可能で、インターネットにも接続できる。またパソコンを母艦として、様々なソフトやファイルを入れることが出来る。まさに多機能な極小コンピュータとも言える。
但し今回このLifeDriveを購入した目的は、読書である。
インターネット上で無料配布、有料販売されている著作をダウンロードし、それを本代わりに読む装置が欲しかったからだ。パソコンで読むことは可能だが、本のようにソファーやベッドに寝ころんで読むことには適さない。片手で持てる大きさと軽さの装置が欲しかったのだ。
このLifeDriveは、重さ193グラムで、480x320ドットを表示し、縦横表示も簡単に切り替えられるので、文庫本感覚で寝室に持ち込み、秋の夜長を楽しめる。
LifeDriveでの具体的な読書法は、また次回。

|

« 佐々木俊尚著「グーグル Google 既存のビジネスを破壊する」 | Main | Rachmaninov "Symphonic Dance" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Palm LifeDrive購入:

« 佐々木俊尚著「グーグル Google 既存のビジネスを破壊する」 | Main | Rachmaninov "Symphonic Dance" »