« September 2006 | Main | November 2006 »

2006.10.21

Rachmaninov "Symphonic Dance"

この楽曲には2種類の楽譜がある。一つはオーケストラ版、もう一つは2台のピアノのためのものである。
ラフマニノフは1940年春に作曲を始め、8月にはピアノ版が完成、その後すぐにオーケストレーションがされ10月29日にはそれも完成された。
オーケストラ版の初演は、翌年1941年1月3日に、オーマンディ指揮のフィラデルフィア管弦楽団によってなされた。
さてここで特筆しなければならないのは、2台のピアノ版の初演についてだ。日時は不明だが、場所はニューヨーク・ロングアイランドのラフマニノフの自宅。演奏者は作曲家ラフマニノフ自身と、若き同郷の友人ウラディミール・ホロヴィッツ!
実はつい最近までこの曲に2台のピアノ版が存在することを知らなかった。オーケストラ版は以前から愛聴しており、ラフマニノフの作品の中でも5本の指に入るほど大好きな楽曲だった。またラフマニノフとホロヴィッツが交流を持ち、時折プライベートでピアノ演奏を楽しんでいたことも知っていた。
しかしその二人がこの交響的舞曲を2台のピアノで演奏していたことは全く知らず、それを知り鳥肌が立つほど驚いた。
なぜならこの楽曲はラフマニノフの作品の中でも最もリズミカルで激しいものであるからだ。つまり20世紀前半を代表するピアニストであったラフマニノフと、同じく20世紀後半を代表するピアニストであったホロヴィッツが、その超絶な演奏をぶつけ合ったのだ。これは大事件だ。
しかしこの演奏はラフマニノフの自宅で行われ、一般聴衆が耳にすることもなく、当然録音も残されていない。
そもそもこの楽曲自体、今では演奏される機会も少なく、録音も極めて少ない。
参考に自家所有の録音を以下に記す。

  オーケストラ版:アシュケナージ指揮アムステルダム・コンセルトヘボウによる1983年1月の録音
  2台のピアノ版:アルゲリッチとラビノヴィッチによる1991年9月の録音

ただ如何せん、いずれの演奏も出来が不充分である。アシュケナージは70点、アルゲリッチに至っては40点そこそこだ。いずれも激しさが足らない。スパークしていないのだ。もっと速く、もっと強く演奏しなければならない。またそれほど激しく演奏しても、楽曲を壊さない高度な技術が演奏家には求められる作品なのだ。当然ラフマニノフとホロヴィッツにはそれが可能だった。
1941年のオーマンディの初演に対して世間は批評的だった。しかしラフマニノフ自身はこの作品を'my last spark'と呼び、その2年後の1943年3月28日にその生涯を閉じる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.05

Palm LifeDrive購入

Lifedrive
以前「欲しいなぁ」と書いていたPalm LifeDriveを購入した。
生産終了&在庫一掃なのか、正価449ユーロが、amazon.deで229ユーロで売られていた。3分の2の値段だ。迷わず発注したら2日後には配達された。
まず初期起動時に使用言語を選択する。英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語など欧州各国の言語をカバーしているが、日本語は当然ない。取り敢えず英語を設定し起動。
インターネットで調べたら、「J-OS for LifeDrive」という日本語パッチと、「J-OS IME」という日本語入力ソフトがあることを知って、早速ダウンロードして、インストールしてみた。呆気ないくらい簡単に日本語化できた。
この種の機械は、ハンドヘルド・コンピュータとか、PDA(Personal Digital Assist) とか、古くは電子手帳とか言われているが、こちらでは一般にオーガナイザーと呼ばれている。本来はスケジュール帳やアドレス帳の機能が主だったが、今では音声や動画のファイルも扱えるように進化している。無線通信(Wi-Fi)も可能で、インターネットにも接続できる。またパソコンを母艦として、様々なソフトやファイルを入れることが出来る。まさに多機能な極小コンピュータとも言える。
但し今回このLifeDriveを購入した目的は、読書である。
インターネット上で無料配布、有料販売されている著作をダウンロードし、それを本代わりに読む装置が欲しかったからだ。パソコンで読むことは可能だが、本のようにソファーやベッドに寝ころんで読むことには適さない。片手で持てる大きさと軽さの装置が欲しかったのだ。
このLifeDriveは、重さ193グラムで、480x320ドットを表示し、縦横表示も簡単に切り替えられるので、文庫本感覚で寝室に持ち込み、秋の夜長を楽しめる。
LifeDriveでの具体的な読書法は、また次回。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »