« John Williams "Memory of a Geisha" | Main | 渡辺貞夫 "Orange Express" »

2006.06.20

山下清著「ヨーロッパぶらりぶらり」

面白い!!!
ヨーロッパ旅行記の傑作だ。
テレビドラマ「裸の大将」は、どうも偽善的な作り物の臭いがして好きではなかったが、本著では人間本来の可笑しさや矛盾、駄目な部分が生々しく語られており、すっかり魅了されてしまった。特に飾り気のない文章が素晴らしかった。
出発前の外務省での面談から大笑いだ。行きの機内で年若いスチュワーデスをつかまえて「おばさん、おばさん」と呼びかけたり、見知らぬドイツ人に話しかけ日本語で返答され仰天したり、立ちションや裸になることを禁じられ弱ってしまったりと、普通の旅行記では絶対にあり得ない愉快なエピソードに溢れている。
ただこの旅行は放浪ではなく、引率者付きの団体旅行だった。お得意の放浪ならば、全く違う視点で、観光地ではないヨーロッパを見て歩いただろうと思うと少し残念だ。自身が「日本のゴッホ」と呼ばれたためか、興味もないゴッホの美術館や墓に連れて行かれ、スケッチさせられ不平をこぼしたりもしている。
ただゴッホの自画像を評して、貧乏でモデルを雇えなかったからだというのは卓見だし、自分でも自画像を描くと、没頭のあまり同じように怖い顔になってしまうというのには感心した。
まぁ読んでいるだけならば楽しいが、同行の引率者は大変だったろう。

|

« John Williams "Memory of a Geisha" | Main | 渡辺貞夫 "Orange Express" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/10611711

Listed below are links to weblogs that reference 山下清著「ヨーロッパぶらりぶらり」:

« John Williams "Memory of a Geisha" | Main | 渡辺貞夫 "Orange Express" »