« April 2006 | Main | June 2006 »

2006.05.17

畑仲哲雄著「スレイヴ」

この小説は、紙に刷った本としては容易には手に入らない(はずだ)。但しインターネット上では、びた一文払わずに容易に手に入る。これもまた、青空文庫で入手した、いわゆる電子本だからだ。
但しこの作品は、青空文庫に綺羅星の如く名を連ねる文豪達の作品とは異なり、作者の死後50年を経て、著作権保護期間が過ぎたものではない。著作権は依然作者に帰属し、作者は依然存命である(はずだ)。

ストーリーはサブタイトルにもある通り、「パソコン音痴のカメイ課長が電脳作家になる物語」である。
主人公カメイ課長が、架空の小型パソコン「スレイヴ」に「とくにジャンルはない」と小説(?)を書き始めるところから、この小説も始まる。それはまるで漱石の「猫」のようでもある。
カメイ課長の小説は一向に書き進まれないが、重さ300g、大きさ17.1x8.4x2.2cmのスレイヴには精通していく。OSが(MSぢゃない)DOSで、主要なソフトは全てフリーウエアであることなどを知る。そしてパソコン通信も始めるようになり、東京出張時にあるオフ会に参加するところから、話は急展開する。
と、まぁ、真面目に要約すると以上の通りスッキリだが、実際に読んでみると、混沌としたニッポンの社会情勢と、秋葉原的なサブカルチャーの海を泳いでいるような疲労感を憶える。ここドイツでの生活では味わえない刺激に満ちているとも言えよう。
ゲラゲラ笑いながらこの小説を読み終えた時、ふと我に返り、こうしてweblogを書いている自分もカメイ課長なのだなと気付く。
すっかりこの小説に感心したので、何らかの方法で作者が募っている印税代わりの寄付をしたいと考えている。

<作者ホームページ>
http://homepage3.nifty.com/hatanaka/
http://hatanaka.txt-nifty.com/ronda/

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.05.16

芥川龍之介著「西郷隆盛」

ときどき青空文庫を利用する。
著作権の切れた文学作品が、電子データで自由に閲覧・ダウンロードできる。
海外に暮らす身にとって、ときどき漱石や鴎外が読みたくなっても、近所の書店で岩波や新潮の文庫本を気軽に買い求めるようなことができない。そんな我が身にとって、インターネットでの電子出版は非常に重宝なのだ。また何よりも無料であることがありがたい。

今日は芥川の短編をいくつかダウンロードして読んだ。
その中で一番面白かったのが、この「西郷隆盛」
実際に人から聞いた話だという作者の前置きから始まる。史学科の学生だったその人は、東京に向かう夜行列車で謎の老紳士に出会う。他に乗客のいない食堂車で、学生が西南戦争を卒業論文に書くと言ったことから、老紳士は驚くべき話を始める。

青空文庫を利用するたびに、読むための最適なデバイスを思案する。普段パソコンの画面で読むのだが、できれば紙の本のように、就寝前ベッドの中で読みたい。最近ではPSPやiPodやデジカメでも読めるソフトがあるのだが、どれも一長一短があり使ってみたいと思うデバイスがない。
そんな中、VAIO type Uが発表され気になっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.02

Texas Lightning "Meanwhile, Back at the Ranch"

Texaslightningドイツ人による、ドイツ人のためのカントリー音楽である。流石にドイツ語ではない。
収録曲は、マドンナやアバ、マイケル・ジャクソン、ビートルズなどのポップスを、カントリー風にアレンジしている。
これがなかなかドイツでは売れている。演奏力、歌唱力共に侮れないのだ。
とにかく聴いていて楽しい。
最初MTVでシングル曲"No No Never"を観たとき、アメリカ人の直球勝負だと思った。あまりにも気持ちよい曲だったので、店頭で手に取ったとき、はじめてドイツのバンドだと分かった。
これからの季節に、ビアガーデンでこんなバンドが演奏していたら最高だろうなぁ。
http://www.texaslightning.net/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »