« March 2006 | Main | May 2006 »

2006.04.19

P!nk "Stupid Girls"

PnkこちらではシングルCDのことをMaxi-CDと言う。ちなみにマクドナルドでは、芋と飲み物を付けたセットをMaxi-Menuと呼んでいる。
普段シングル・カットされた曲だけが収録されたCDなど、買うことはないのだが、MTVでプロモーション・ビデオを見て、大笑いできたので買ってみた。
このCDには、オリジナル曲とリミックスされた3曲に加え、パソコンで再生できるプロモーション・ビデオの動画データが入っていたからだ。
タイトル通り「馬鹿な女たち」を歌っているのだが、ビデオが短編コメディー映画並みの面白さだった。意味もなく買い物をしまくったり、日焼けサロンに通ったり、化粧室で歯ブラシを喉に刺して食べたものを吐きもどしたり、果ては全身美容整形手術を受けたりする。傑作なのは、セクシービデオのように、体をくねらせ、泡だらけになって洗車をするのだが、演技ではなく滑って転ぶシーンには大笑いした。
こういうクダラナイものが結構好きだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.03

"Fast Company - March 2006"

Fastcompanyアメリカのビジネス雑誌の10周年記念号

東京やニューヨークや上海ならば、dog-eat-dogなのだろうが、フランクフルトは小さな地方都市なので、厳しい競争や猛烈な忙しさを感じることは少ない。もっと時間がゆったりと流れている。
たまには世界の激流を感じる必要もあるだろうと、この雑誌を買ってみた。
そもそも日本に暮らしていた頃は、"fast"という形容詞に良い印象がなかった。世界の動きが加速して、1時間かけていた仕事を10分で片付けなければならないような気分になったものだ。電話は鳴り続け、未読メールがモニターを真っ赤に埋める。カップ麺を食いながら毎晩残業。疲れ果て、地下鉄の吊革にしがみつく。嗚呼、東京ライフだ。
しかしそれはどうも間違いのようだ。
本当の"fast"は、スムーズな意志決定や業務の簡素化にあるのだ。この"fast"によって「ゆとり」を取り戻し、本来じっくりと時間をかけるべき事に注力することなのだ。
いや、むしろ、「さっさと仕事を片付けて家に帰ろう」の"fast"なのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »