« SuDoku | Main | 持ち歩く情報端末について »

2006.02.28

Ralph Vaughan Williams "The Lark Ascending" by Hilary Hahn

lark
千里鴬啼緑映紅
水村山郭酒旗風
南朝四百八十寺
多少樓台煙雨中

春の陽光の下、見渡す限り、大河は悠然と流れ、鶯の声が遙か遠くから聞こえる。
あたりを彩る新緑は、まるで燃え立つようだ。
水辺の村や山裾を渡る風が、酒屋の幟をバサバサと揺らしている。
南朝の面影を残す寺町に、時ならぬ春雨が走り、塔の林を煙の如く覆い隠す。
(以上、勝手な意訳)

春が近付くと、杜牧の「江南の春」を思い出す。
学校で習ったこの七言絶句が、春まだ遠いドイツでの暮らしに、一服の潤いを与えてくれる。フランクフルトは今日も小雪が舞っている。
晩唐の長江下流域の春を思い浮かべるとき、頭の中で聞こえてくるのが、レイフ・ヴォーン・ウィリアムズの作曲による管弦楽曲「揚げ雲雀」である。
ヴォーン・ウィリアムズは、20世紀前半に活動したイギリスの作曲家で、「惑星」で有名なホルストとは親友でもあった。クラシック音楽のスタイルがロマン派から大きく転換する中、彼の作風は機械文明に背を向けた、どこか遠い異国の悠久の時間を彷徨っているようだった。それ故にか、今も知名度は低い。
この「揚げ雲雀」も、バイオリンの独奏が、まさに「千里鶯啼いて緑紅に映ず」という起句にマッチしている。
演奏は、最近注目している若手のヒラリー・ハーンのものが素晴らしい。彼女の透明感ある演奏スタイルが、この楽曲の魅力を充分に引き出している。
彼女のサイトを見ると、演奏旅行中の遊びとして、「紙飛行機を折って飛ばすこと」とある。
彼女の紙飛行機が、雲雀となって空高くさえずり、それが時間を飛び越え、唐の長江で鶯となって啼く。そんな空想が楽しめる楽曲だ。

|

« SuDoku | Main | 持ち歩く情報端末について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/8878118

Listed below are links to weblogs that reference Ralph Vaughan Williams "The Lark Ascending" by Hilary Hahn:

« SuDoku | Main | 持ち歩く情報端末について »