« October 2005 | Main | January 2006 »

2005.12.06

バーバラ・W・タックマン著「八月の砲声」

子供の頃、「第一次世界大戦はオーストリア皇太子の暗殺が切っ掛けに始まった」と習った。確かに1914年6月28日に、オーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者フランツ・フェルディナント大公は、セルビアの国粋主義者によって殺され、翌月7月28日にオーストリアはセルビアに宣戦布告した。
しかしここから世界大戦を読み始めても、全く情勢を理解できず無意味に終わる。本書は皇太子暗殺から遡ること4年前、1910年5月のロンドンでの英国王エドワード7世の葬儀に始まる。このエドワード7世こそ、ヨーロッパ各国王家の間での姻戚関係における要であり、平和の支え棒でもあった。
新興国ドイツは、19世紀の植民地競争に出遅れ、狭い欧州大陸の真ん中で、ロシア、フランス、イギリスなどの強国に包囲され、圧迫感を募らせていた。成長拡大こそ帝国主義の本質であるが故にか、近隣諸国、特にフランス侵略は、ドイツにとっての必然的宿願であった。
フランスにとっても、ドイツからアルザス地方を奪還することは悲願であった。
つまり乱暴に言えば、ドイツもフランスも戦争を望んでいたのだ。
第一次世界大戦のメインマッチはこのドイツ対フランス戦なのだが、これにイギリスとロシアが加わり、ベルギーが巻き添えを食い、バルカン半島には火がつき、遠い太平洋では日本が火事場泥棒を狙っていたという、この壮大な構図が世界大戦の全容だ。但し本書は欧州大陸の西部戦線にフォーカスして物語を進めている。
本書の後半では、開戦から約1ヶ月間のドイツ軍のフランス侵攻が書かれている。タイトルの「八月」とは、この1914年8月を指している。
開戦後ドイツ軍右翼は計画通りにベルギーを通過し、北からフランス国境を越え、パリに向け進撃を続けた。フランス軍はそれを止めることも出来ず、退却を続けるばかり。但しそれは敗退ではなく、結果的に兵力を温存した後退だった。ドイツ参謀総長は捕虜の少なさが気になっていた。それに加えドイツにとって、ロシア戦のため東部戦線に2個軍団の兵力を移したことが後に響いた。
本書はドイツ敗退の始まりとなる1914年9月のマルヌ会戦で終わっている。しかし戦争はその後も決着がつかず、4年間も続いた。
とにかく本書は面白い。開戦までの経緯が分かりやすく書かれている。多数の登場人物にも、印象的なエピソードを絡ませ、個性的に仕立てている。それでいて、ストイックな歴史書としても読み応え充分である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.05

Al Jawala "Live At Jazzhaus Friburg - Balkan Big Beats"

jawala日本では絶対に知られていないだろうというバンド。なぜなら時々ストリートで演奏しているのを見かけるバンドだから。とは言えインディーズながらもCDを2枚出しており、ドイツのジャズフェスにも参加するほどの連中。
どんな音楽かと言えば、彼ら自身がホームページに書いているように、"Oriental Gypsy Soul Meets Funky Ragga Flavoured Percussion"、つまり「オリエンタルなジプシー魂が、ファンキーなレゲエ風のパーカッションと出会った」感じなのだ。アラビア風でもあり、バルカン音楽的でもある。
バンド構成は、アルト・サックス、テナー・サックス、エレクトリック・ベースとパーカッション2人の合計5人組。ぐいぐいと煽り立てるリズムに、2本のサックスが自由自在に絡む。何とも無国籍な音楽だ。
そもそも彼らを見つけたのは、今年の夏に街の繁華街で演奏していたのを耳にしたときだ。街には様々なストリート・ミュージシャンが思い思いに演奏を繰り広げているが、その大半が小銭稼ぎの大道芸人。ときどき本格的な演奏を耳にするが、その中でもこのAl Jawalaは飛び抜けており、多くの聴衆が囲み、地面に並べたCDは飛ぶように売れていた。群衆に混じり、迷いもせずCDを買った。今ではiPodにも入れて聞いている。その後も忘れた頃に、街で見かけると、ついつい足を止め、聞き入ってしまう。
モーツァルトがトルコ行進曲を書いたように、異国の音楽への憧れがここドイツでも根付いている。音楽が人類共通の言語だと考えるのも、あながち大袈裟ではないようだ。世界中の悲劇が、もう少し減らせるヒントがあるように思う。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.12.02

Hans Knappertsbusch "Maestro Energico" 10 CD BOX

knapドイツの名指揮者クナッパーツブッシュのCD10枚組ボックス。
本屋の店頭のワゴンセールで、なんと4.99ユーロ!!!
本屋のおねえちゃんが、値段のシールを貼り間違えたのではないかと、レジで顔色を窺いながら、5ユーロ札を渡したら、「ダンケ!」と笑顔で1セントのお釣りをくれた。クラシック音楽好きにとって、ドイツは天国だ。
さて内容はというと、録音は1928年から1950年にかけてのものだが、ほとんどは1940年代のもの。全てモノラルで音質は良いとは言えないが、気に障るようなことはない。
オケはベルリン・フィル、ウィーン・フィルなど豪華。
楽曲もバッハ、ヘンデルに始まり。モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、ワーグナーとドイツ音楽の本流を押さえ、最後は得意のブルックナーで締めくくっている。
中でも面白いのは、ヨハン・シュトラウスのワルツやオペレッタ。流麗にはほど遠く、何とも無骨で、苦笑を禁じ得ないが、その朴訥さからか、愉快になるから不思議だ。
更に圧巻は、この10枚組の最後を飾るブルックナーの7番。個人的に鈍重な8番より、生き生きと躍動する7番が好きなので、これだけでも充分満足。
その後この本屋の前を通ると、ついついワゴンを掘り起こしてしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

"brazilectro - box set"

Brazilectroクラブ・ラウンジ音楽のコンピレーション・シリーズがボックスになったもの。単発で発売されているCD2枚組のアルバムが6セット、箱に入っている。つまりCD12枚入り。141曲も収められている。
簡単に言えば、ブラジル風のBGM集だ。
ドイツの冬の暗さと寒さを乗り切ろうと、奮発して購入。家の中でBGMとして流していると、なかなかポカポカ暖まる。流石ブラジル!と感心したが、なんとこれを出しているaudiopharmはドイツのレーベル。
妙に納得。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | January 2006 »