« Eric Clapton ˝BACK HOME˝ | Main | The Rolling Stones "Bigger Bang" »

2005.09.26

ボブ・ウッドワード著「司令官たち」

副題「湾岸戦争突入にいたる決断のプロセス」
すでに歴史の1ページになってしまった湾岸戦争と、その前段となったパナマ侵攻におけるホワイトハウスとペンタゴンの舞台裏が書かれている。
本書の主役とも言えるのは、当時統合参謀本部議長であったコリン・パウエルと、同じく国防長官であったリチャード・チェイニーだ。この2人は約10年後、国務長官と副大統領として9.11を向かえることになるのだが、その後のアフガン侵攻とイラク戦争時のような確執はなく、湾岸戦争に協力して当たっている。
本書で興味深かったのは、武力行使発案ルートと指揮命令系統の仕組みだ。武力行使するに当たって、その計画全般を司るのが統合参謀本部である。但し統合参謀本部には指揮命令権がない。あくまで大統領、国防長官及び国家安全保障会議の3者に対する顧問の役割に過ぎない。指揮命令は大統領を頂点として、国防長官を経由し、軍司令部に発せられる。
つまりイラクがクエートに侵攻した際、大統領がその対応策の一つとして武力行使を検討する場合、法律上の軍事顧問として国防総省の立場にある統合参謀本部議長に諮問することになる。しかしこのときパウエルは武力行使に消極的だった。一方外交手段などで平和的な解決策を推し進めなければならない国務長官ジェームズ・べーカーの影は薄い。
そこで大統領の意志決定に大きく関与したと思われるのは、国家安全保障担当大統領補佐官であったブレント・スコウクロフトだ。彼は現役軍人(元空軍中将)ではない。大統領のアドバイザーに過ぎない。つまりホワイトハウスの中の側用人だ。また彼は大統領にとってゴルフや釣りの重要な遊び相手でもあった。
つまり湾岸戦争時、大統領には統合参謀本部議長と国家安全保障担当補佐官という2人の軍事顧問がいて、後者の意見を主に採り入れた節がある。
そうするとどうしても国家安全保障担当補佐官の役割が、軍事的意志決定に取って大きな比重を占めているように思えてならない。事実、ソビエト連邦との冷戦に、武力行使無しに勝利したレーガン政権時の国家安全保障担当補佐官は、軍人であったが穏健派であった。このスコウクロフトの前任者が、コリン・パウエルであった。またちなみに9.11後のイラク戦争時の同補佐官は、現国務長官であるコンドリーザ・ライスであった。

|

« Eric Clapton ˝BACK HOME˝ | Main | The Rolling Stones "Bigger Bang" »

Comments

ボブ・ウッドワードを含む政権と軍の中の様々な個性と力学は,ハルバースタムの近著「静かなる戦争」で詳述されています.私のブログでも下記の記事で取り上げましたので,御参考まで.

http://griffin.cocolog-nifty.com/lakesidediary/2005/08/post_97a9.html

Posted by: 俊(とし) | 2005.09.26 at 10:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/6128430

Listed below are links to weblogs that reference ボブ・ウッドワード著「司令官たち」:

« Eric Clapton ˝BACK HOME˝ | Main | The Rolling Stones "Bigger Bang" »