« 浜野保樹著「模倣される日本」 | Main | ドイツとイタリアにおけるFM放送の選曲の違い »

2005.06.27

Carlo Maria Giulini指揮 ”ブラームス交響曲第4番”

巨匠ジュリーニが逝った。TVニュースで知り、手持ちのCDを聞き直した。以前から大好きな指揮者だったので、一時代が終わったように感じ、とても寂しい。
ネットを探ってみたら、非常に素晴らしいファン・サイトがあったので、詳細はそちらに譲りたい。
但し少ないレパートリーであるにもかかわらず、オペラを振り出しに、古典からロマン派、ストラヴィンスキーまで、選曲は幅広く、いずれも質の高い演奏を残していることは特筆に値する。これは同じイタリア人であり、何度か競演を果たしているピアニストのミケランジェリにも共通している。そのミケランジェリとのモーツァルトやベートーベンの協奏曲は、非常にチャーミングで、繊細さの中に、揺るぎない芯の強さが感じられる。また晩年のアウラやホロヴィッツが、協奏曲録音にあたりジュリーニを指名していることも、20世紀前半の巨匠の系譜を引き継いでいることを物語っているように思える。
自分にとってジュリーニは、このように協奏曲の伴奏では馴染み深かったが、交響曲とガップリ四つになったものを、きちんと聴いてこなかった。今回あらためて評判の高いブラームスの4番を聴いて、思わず唸ってしまった。この4番には深閑なクライバーや重厚なクレンペラーによる愛聴盤があったが、ジュリーニ盤はこれぞ正統的な演奏ではないかと感じてしまった。

ここフランクフルトは市街地から少しクルマを走らせれば、深い森の中に入り込むことが出来る。森の中ずっとまっすぐに続く道を、一人で運転をしながら聴くブラームスの4番は、あまりにも哀しい。
ジュリーニもが逝き、20世紀がまた遠くになってしまった。

|

« 浜野保樹著「模倣される日本」 | Main | ドイツとイタリアにおけるFM放送の選曲の違い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/4737424

Listed below are links to weblogs that reference Carlo Maria Giulini指揮 ”ブラームス交響曲第4番”:

« 浜野保樹著「模倣される日本」 | Main | ドイツとイタリアにおけるFM放送の選曲の違い »