« ASIA "Silent Nation" | Main | "LONGMAN Active Study Dictionary 4th edition" »

2004.10.30

鈴木敏文「商売の原点」「商売の創造」

セブン-イレブンとイトーヨーカ堂の会長である鈴木敏文の本。とは言っても、本人が著したものではなく、会議でのスピーチの速記録を編者がまとめたもの。
2冊に分刊されてはいるが、取り上げているテーマは同じで、セット上下巻と位置付けられる。内容自体も、順序立てて論説する訳でもなく、まさに社員を前にした朝礼スピーチ集、会長語録といったところだ。そのためマーケティングの教科書には成り得ないが、事例がリアルで興味深い読み物になっている。
但し書かれていること(言っていること)は、当たり前なことばかりで、成功の秘密めいたものは見当たらない。基本四原則と称して繰り返しているのは、「品揃え」、「鮮度管理」、「クリンリネス(清潔)」、「フレンドリーサービス」と意外性はない。しかしそれら基本の徹底を強く訴え、毅然と会社のあるべき姿を断言している魅力は大きい。
「われわれにとっての最大の競争相手は、同業の他社・他店ではありません。世の中の変化、お客様のニーズの変化こそ最大の競争相手なのです。」また価格訴求による安売りを嫌い、価値訴求をしていれば必ず売れるとも断言し、「私たちは価値を売る企業だ」と、社員からすると何とも心強いトップである。

ヤオハンの和田一夫、ダイエーの中内功とコケてしまった今、流通業界で注目すべき経営者と言えば、鈴木敏文をおいて他にない。
しかしながらつくづく考えさせられるのだが、中小企業ならばまだしも、日本有数の大企業になっても経営者一人の優劣が、社業に大きく影響するのものなのだろうか。
ドラッカーに学ぶまでもなく、大規模の組織となれば、個人の力量だけで組織的成果を残せるようなものではないと思う。トップがすべきは、優れたマネジメント・チームを所有し、縦横に使いこなすことだと思う。
それを思うと、鈴木敏文にしても、カルロス・ゴーンにしても、孫正義にしても、彼らを支えるマネジメント・チームにこそ、優れた経営の本質があるようにも思えてならない。

|

« ASIA "Silent Nation" | Main | "LONGMAN Active Study Dictionary 4th edition" »

Comments

和田一夫は馬鹿経営者です。ただ、ソニーの海外戦略を真似て海外に進出しただけで、金色のロールスロイスを乗り回し、豪邸を造りながらも、簡単に従業員のリストラを断行していた。飯塚でカンパニードクターと云うが財務・人事・経営学など全く知らない。これが経営者といえるのですか。彼の口車に乗ってはいけません。講演も支離滅裂です。一時は年収500億円を取っていた。従業員には低給与で倒産する数年前からボーナスの繰り越しをして労組と揉めていた。典型的な同族会社でブレインは全て親族、ワンマン経営の典型的な末路である。また、従業員には、新興宗教の「生長の家」を利用して強要もして、慈善奉仕だといって残業代も碌に払わなかった。 3万坪の隠し財産やマンションも静岡に持っている二度と再起がなどできない愚か者である。賢人ではない。

Posted by: | 2010.08.19 at 03:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/1810669

Listed below are links to weblogs that reference 鈴木敏文「商売の原点」「商売の創造」:

« ASIA "Silent Nation" | Main | "LONGMAN Active Study Dictionary 4th edition" »