« 吾妻光良& The Swingin' Boppers "Swing Back with Swingin' Boppers" | Main | ASIA "Silent Nation" »

2004.10.23

「コトラーのマーケティング思考法」

フィリップ・コトラーとフェルナンド・トリアス・デ・ベスの共著
コトラーの既存の大著群に比べると、コンパクトで読み易い。片手を電車の吊革にかけていても読める。コトラー本と言えば広辞苑並みに重く大きかった。これまでは本を売るというマーケティングが弱かったと思う。冗談はさて置き、
この本では水平思考(lateral thinking)で発想する「ラテラル・マーケティング」を取り上げている。
まず伝統的なマーケティング思考法として、垂直思考(vertical thinking)による「バーティカル・マーケティング」について書かれている。これは市場を細分化し(segmentation)、標的市場を決定し(targeting)、その市場の中での位置付けを明確化する(positioning)、という基本的手法によるものである。このバーティカル・マーケティングは、既に存在する成長途上の市場では有効だが、成熟してしまった市場では、市場を守ることぐらいしか効果が得られない。全く新しい市場を創造し、新しい製品やサービスを投入するには、水平思考によるラテラル・マーケティングが必要だと説いている。
いくつもの事例を挙げて、このラテラル・マーケティングを説明しているが、一番馴染み深い事例が、「ソニーのウォークマン」だ。ウォークマンは再生専用の携帯型オーディオという、それまで存在しなかった製品で、全く新しい市場を創造した。当初はそのメディアは、カセットテープだったが、その後CDやMD、シリコン・メモリーやハード・ディスクなどにも派生した。音声再生に限らず、映像も楽しめる携帯型DVD再生機にも派生している。
つまり、初代ウォークマン登場がラテラル・マーケティングで、その後の派生がバーティカル・マーケティングによるものだ。iPodもこの理屈に照らせば、画期的なことではない。
またソニーはこの市場にCDやMD、HD等の様々な記録装置によるウォークマンを投入しており、共食いを起こしているとも考えられる。
ソニーが近年行ったラテラル・マーケティングはAIBOだろう。それまでになかったエンターテイメント・ロボットという市場を創出した。

|

« 吾妻光良& The Swingin' Boppers "Swing Back with Swingin' Boppers" | Main | ASIA "Silent Nation" »

Comments

はじめまして。

ラテラル・マーケティングの記事がとてもわかりやすかったのでトラックバックさせていただきました。

これを機会に、また訪問させていただきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

Posted by: ムギ | 2004.10.28 at 02:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/1754856

Listed below are links to weblogs that reference 「コトラーのマーケティング思考法」:

» フキゲンウォーターからみるラテラル・マーケティング [日々の生活から起きていることを観察しよう!! by ムギ]
通りがかりにおもしろいネーミングのドリンクがあったので、思わず写真をとりました [Read More]

Tracked on 2004.10.28 at 01:58 AM

« 吾妻光良& The Swingin' Boppers "Swing Back with Swingin' Boppers" | Main | ASIA "Silent Nation" »