« 上岡龍太郎著「“隠居”のススメ」 | Main | 山内英子著「トヨタ『イタリアの奇跡』」 »

2004.08.22

ジョン・ブロックマン編「2000年間で最大の発明は何か」

1998年11月に編者が主催するサイト「エッジ」のメーリングリストで発した質問に対する、各界有識者からの返答集。まじめに回答しているものもあれば、ウケ狙いもあったり、中にはルール違反で複数回答や、2000年以上前のものもあり、示唆に富むばかりか、笑えるものもあった。
非常に面白かったで、頑張って以下に回答全てを列記する。


印刷機  ブライアン・C・グッドウィン
電動モーター  ロドニー・ブルックス
長距離通信  トム・スタンデージ
犂  コリン・タッジ
静電気をつくる機械  アーノルド・トレハブ
カラベル船  アリン・アンダーソン
科学の組織化  サミュエル・H・バロンデス
緑の革命  ジョン・R・サール
電灯とアスピリン  マーク・D・ハウザー
インド・アラビア計数法  ジョン・D・バロウ
印刷機と魔法瓶  レオン・レーダーマン
空飛ぶ機械  リチャード・ポッツ
大学  パウロ・ピニャテッリ
消しゴム  ダグラス・ラシュコフ
テレビ  ビビアナ・グスマン
グーテンベルクの印刷機  ガーニス・カーティス
ピル  スーザン・ブラックモア
電気の実用化  パトリック・ベイトソン
水道  カール・ジマー
遺伝子配列の決定法  ロバート・シャピロ
クラシック音楽  ハワード・ガードナー
インターネット  ロジャー・C・シャンク
印刷機  ランドルフ・ネス
蒸留法  ロン・クーパー
テレビ  デービッド・バス
コンピュータと原爆  ダン・スペルベル
ピル、銃、水道  マリア・レポウスキー
教育の普及  ロバート・R・プロバイン
33年周期暦  ダンカン・スティール
馬のあぶみと首当て  ピーター・タラック
発明を可能とした社会構造  ジョン・C・バエズ
デジタル・ビット  テレンス・J・セジノウスキー
読書用眼鏡  ニコラス・ハンフリー
製紙技術  クリフォード・ピックオーバー
乾草  フリーマン・ダイソン
電池  ダニエル・C・デネット
プログラム可能なコンピュータ  ロレンス・M・クラウス
レンズ  ジーノ・セグレ
万能チューリング機械  ジョージ・ダイソン
椅子と階段  カール・サバーク
複式簿記法  ゴードン・グールド
ガトリング砲  ボブ・ラフェルソン
馬の家畜化  スティーブン・ブディアンスキー
コンピュータ  デービッド・ヘイグ
コンピュータ  ウィリアム・H・カルビン
インド・アラビア計数法  V・S・ラマチャンドラン
真空管  ピーター・コクラン
印刷術  ヘンドリック・ハーツバーグ
公開鍵暗号システム  チャールズ・サイモニー
ボルタ電池  ジョン・レニー
麻酔  スチュアート・R・ハメロフ
20世紀後半の医療  ジェームズ・J・オドネル
都市  スティーブン・ジョンソン
籠  ジェレミ・チャーファス
インド・アラビア計数法  キース・デブリン
言及に値するものなし  エバハート・ツァンガー
なし  ヘンリー・ワーウィック
超自然現象を信じないこと  マレイ・ゲルマン
民主主義と社会正義  スティーブン・ローズ
平等の理念など  ジョーゼフ・レドゥー
特別でないと自覚したこと  ドン・ゴールドスミス
アルファベットとレンズ  スティーブン・ピンカー
淘汰による進化の考え  ポール・W・エバルト
望遠鏡  ブライアン・グリーン
科学的方法  ジョーゼフ・トラウブ
教育という概念  スタニラス・デハーネ
コンピュータ・ネット  ジョン・C・ドゥボラック
マーケティング  ジェフリー・ミラー
哲学的懐疑主義  ルーエン・チォウ
自律性をもって動く道具  ピート・ハット
幾何学  トマス・デ・ゼンゴティタ
原爆  マーニー・モリス
科学的方法  デービッド・E・ショウ
商品としての情報  デービッド・ベルビー
進歩しつづけるという認識  ジョン・マッカーシー
対照群  デービッド・G・マイヤーズ
非宗教主義  ジェイ・オーグルビー
科学  ミルフォード・H・ウルポフ
疑問文と宇宙旅行  ルーベン・ヘルシュ
確率論  クリストファー・ウェストベリー
時計  W・ダニエル・ヒリス
エコノミック・マン  メアリー・キャサリン・ベイトソン
鐘と交響楽団  ジュリアン・B・バーバー
においの化学的認識  マービン・ミンスキー
望遠鏡と自然淘汰説  クリストファー・G・ラングトン
ゲーデルの不完全性定理  クレイ・シャーキー
避妊用ピル  コリン・ブレイクモア
遺伝子工学  オリバー・モートン
盤上ゲーム  ジョン・ヘンリー・ホランド
自我  ジャロン・ラニアー
自治  エスター・ダイソン
微分積分法  ジョン・マドックス
微分積分法  バート・コスコ
無限算法  ベリーナ・ヒューバー=ダイソン
自由意志  ジョン・ホーガン
鏡  トー・ネレットランダース
無意識の概念  シェリー・タークル
分光器  リチャード・ドーキンス
量子論  フィリップ・アンダーソン
コペルニクスの地動説  マイケル・ネスミス
印刷機  フィリップ・キャンベル
キリスト教とイスラム教  スチュアート・ブランド
旗など  ミハイ・チクセントミハイ
数学における表現の概念  リー・スモリン
ある考えについての考え  ジョージ・レイコフ
デジタル生態系  アンディ・クラーク
数字をつかった予測能力  ジョージ・ジャクソン
見えない技術体系  ハワード・ラインゴールド

以上、108回答。原文はサイトでも読める
予想通り多かったのが「印刷機」。予想外に票を集めたのが、「インド・アラビア計数法」。一票も得なかったのが「蒸気機関」。
回答を寄せたのが、その道の論客たちだけあって、ひねくれた答えや禅問答めいたものもあったが、その理屈がまた面白い。知的なゲームだ。

これを主催したエッジではサイト上にThe World Question Centerを常設し、毎年テーマを変えてこの知的問答を続けている。
2004年のお題は、"What's your law?"(あなたの法則は?)で、結構面白い回答が寄せられている。

|

« 上岡龍太郎著「“隠居”のススメ」 | Main | 山内英子著「トヨタ『イタリアの奇跡』」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/1250463

Listed below are links to weblogs that reference ジョン・ブロックマン編「2000年間で最大の発明は何か」:

« 上岡龍太郎著「“隠居”のススメ」 | Main | 山内英子著「トヨタ『イタリアの奇跡』」 »