« Pink Floyd "Atom Heart Mother" | Main | Think! 2004 SPR.[No.9] »

2004.04.18

Wynton Kelly "Kelly at midnite"

kelly.jpg
ハードバップ・ジャズのピアノ・トリオ。1960年の録音。
Wynton Kellyも同時代のジャズ・ピアニストの中では好みのタイプだが、このアルバムではPhilly Joe Jonesのドラムスに耳を奪われてしまう。トリオ編成なので、ドラムソロも多めに聞ける。
Philly Joeの叩きは、しなやかさと力強さを兼ね備え、スマートさの中にワイルドさを秘めている。同時代のArt Blakeyのファンキーさと比べると、演奏技術的にもずっと洗練されている。
当時は名実共に売れっ子で、多くのハードバッパー達と競演している。まさにハードバップを叩くために存在したドラマーだ。
個人的にはMilesよりもLee Morganのトランペットと絡んだ時の方が、Philly Joeの本領が発揮されているように思う。

|

« Pink Floyd "Atom Heart Mother" | Main | Think! 2004 SPR.[No.9] »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/458778

Listed below are links to weblogs that reference Wynton Kelly "Kelly at midnite":

« Pink Floyd "Atom Heart Mother" | Main | Think! 2004 SPR.[No.9] »