« 猪木武徳著「自由と秩序」 | Main | Wynton Kelly "Kelly at midnite" »

2004.04.18

Pink Floyd "Atom Heart Mother"

atom_heart_mother.jpg
邦題"原子心母"
今以て不思議なアルバムだ。
特別に楽曲が優れている訳でもなく、演奏技術にも目立ったものはない。ましてやポップでもキャッチーでもない。
敢えてアルバム全体のイメージを語るならば、それは牧歌的な世界への誘いだ。暗く悲しいニュースに溢れた世界を脱して、緑豊かな田園に帰ろうと誘っているように聞こえる。
この不思議な世界観に、なぜか今も惹きつけられる。それがこのアルバムの唯一にして最高の魅力だ。音楽を創る側も聴く側も、大らかであった時代の遺産ではなかろうか。

|

« 猪木武徳著「自由と秩序」 | Main | Wynton Kelly "Kelly at midnite" »

Comments

自分も好きです。この時代、これだけいわゆるロックバンドの演奏とオーケストラの競演っていうのはなかったと思います。
ロジャーの描いていた世界はとても深いようですが、自分としては、素直に次から次へと展開する音のコラージュのようなものが好きです。クラシック音楽では当たり前のような手法ですが、初めて聞いたときから今でも、この音世界は浸ることができます。おせっかいの方がもっとすきですけどね!

Posted by: マルチオーディオ | 2004.04.22 at 12:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/457798

Listed below are links to weblogs that reference Pink Floyd "Atom Heart Mother":

« 猪木武徳著「自由と秩序」 | Main | Wynton Kelly "Kelly at midnite" »