« Think! 2004 SPR.[No.9] | Main | 内田洋子、シルヴィオ・ピエールサンティ共著「イタリア人の働き方」 »

2004.04.24

"Guitar Wars" DVD + bounus CD edition

GuitarWars.jpg
Paul Gilbert、Nuno Bettencourt、Steve Hackett、John Paul Jones等による、2003年8月の赤坂BLITZでのライブ。
とにかく凄く面白かった。DVD27曲+CD9曲で、もう満腹です。
いきなりPaul GilbertとNunoのバトルで、すっかり気分はMr.Big vs Extreme !!!
続く御大John Paulは変拍子でグルーブして、それにNunoはノリノリ。マンドリンやスチールギターを操り、Zepの"When The Levee Breakes"や"Nobody's Fault But Mine"を若いギタリスト達を従えご披露。
Nunoに至っては自由奔放、変幻自在、ファンクに縦ノリ&横揺れ。特にアコG1本で"Midnight Express"を弾ききった高速ピッキングは、Al Di Meolaをも凌駕したか。
更にSteve Hackett先生、クラシックGで登場し、大人の超絶技法を炸裂。ギターをフロイドローズ搭載の黒いギブソン・レスポール・カスタムに持ち替え、渋い濁声も聴かせて、壮大なプログレ・ワールドを展開。
最後はZepの"Communication Breakdown"と"Rock And Roll"を、ExtremeからVan Halenに移り今はフリーのGary Cheroneが熱唱。Robert Plant並みの高音でシャウトし、御大John Paulもご満悦。
このライブでの殊勲賞は、全てのセットでビートを叩き出したPat Mastelottoだ。
※尚、一晩で観るには相当の胆力を要しますので、ご注意ください。

|

« Think! 2004 SPR.[No.9] | Main | 内田洋子、シルヴィオ・ピエールサンティ共著「イタリア人の働き方」 »

Comments

数ヶ月前に、このライブだったか他のライブだったか忘れましたが、似たようなメンバーのライブをNHK-BSで少しだけ見ました。
僕が見たものにはJohn Paul Jonesはいなかったような気がします。
一番良かったのは、Nuno Bettencourtでしたね。僕はExtremeのアルバムを一枚も持っていないので、たまにテレビで見るくらいですが、彼は本当に才能ありますね。若手ギタリストではピカイチでしょう。どんなタイプの曲でも全然無理なく自分のものにしますよね。恐れ入ります。

Posted by: getsmart0086 | 2004.04.26 at 10:46 PM

はじめまして、元祖と言います。

トラックバックの解説ありがとうございました。
早速、この記事にトラックバックさせていただきました。

Guitar Warsですが、期待していたもの以上のものでした。
CDでは伝わらないものが、映像が入ると伝わりますね。
全員が、これほどもまでのパフォーマンスをやってくれるとは...
確かに、Nunoは、かなり来てましたね。
自分は、ああいう風に、暴れながらギターを弾くと、ピックが空振りしたり、リズムが狂ったり...
色々な弦楽器も出てきたし、なかなか楽しめました。

これからも、ちょくちょく遊びに来ます。
でわ。

Posted by: 元祖 | 2004.05.07 at 09:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/488181

Listed below are links to weblogs that reference "Guitar Wars" DVD + bounus CD edition:

» Guitar WarsってDVD&CDをも買ってしまいました。 [元祖ウェブログ]
最近、欲しいCDが目白押しで、お金が... 「Guitar Warsという [Read More]

Tracked on 2004.05.09 at 11:14 AM

« Think! 2004 SPR.[No.9] | Main | 内田洋子、シルヴィオ・ピエールサンティ共著「イタリア人の働き方」 »