« R25 2004.3.18 No.3 | Main | Pat Metheny "TRIO→LIVE" »

2004.03.20

Mendelssohn "Symphony No.3 Scottish"

Mendelssohnは、もっと高く評価されるべきだと思う。演奏されるのはヴァイオリン協奏曲ばかり。あとはせいぜい"真夏の夜の夢"ぐらいだろうか。2曲あるピアノ協奏曲など今では滅多に耳にすることはない。
Mendelssohnの作品中でも、最も聴き応えあるのがこの交響曲3番"スコットランド"だと思う。豊穣なロマン派の香りが高く、BeethovenとBrahmsの中間に置ける名曲だ。
第1楽章アンダンテで深く重厚に幕を開け、途中からアレグロで歩き始める。短い第2楽章では暗雲が晴れ、束の間の夏空を楽しむかのように快走する。第3楽章では情感豊かなメロディーを聴かせ、第4楽章では再びアレグロでリズミカルに歩き出し、最後はたっぷりとテンポを落とし締めくくる。
1960年に巨匠Otto Klempererが手兵Philharmonia Orchestraを指揮したスタジオ録音盤。無愛想でスマートさには欠けるが、じっくりと腰を据えた正統派の演奏。

|

« R25 2004.3.18 No.3 | Main | Pat Metheny "TRIO→LIVE" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/328952

Listed below are links to weblogs that reference Mendelssohn "Symphony No.3 Scottish":

« R25 2004.3.18 No.3 | Main | Pat Metheny "TRIO→LIVE" »