« 秋元康著「人生には好きなことしかやる時間がない」 | Main | Greg Howe / Victor Wooten / Dennis Chambers "Extraction" »

2004.02.21

水上勉・不破哲三共著「一滴の力水」

作家と政治家の対談集。
同病の心筋梗塞が縁で交友を結んだ話に始まり、お互いの生い立ちや、それぞれの山荘の暮らしぶりが話の中心となっているが、原子力発電所や沖縄の米軍基地の事も少々語り合っている。
この本で、不破氏が子供の頃SF作家を夢見ていたことを知り、少し親近感を持った。「日本共産党の」と肩書きが附くだけで今まで無意識に敬遠していた人物の一人だった。
また、水上氏の故郷である若狭に日本の原子力発電所の三割が集中し、その地域的密集度は世界的にも稀であるとは知らなかった。
但し、多少イデオロギーめいた話になると、すっかり醒めてしまった。

|

« 秋元康著「人生には好きなことしかやる時間がない」 | Main | Greg Howe / Victor Wooten / Dennis Chambers "Extraction" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/220494

Listed below are links to weblogs that reference 水上勉・不破哲三共著「一滴の力水」:

» 苦悩の創作ー水上勉氏死去 [BigBan]
もう何年前になるだろうか。 水上氏の創作の場を映像で紹介する番組があった。 氏 [Read More]

Tracked on 2004.09.09 at 01:48 AM

« 秋元康著「人生には好きなことしかやる時間がない」 | Main | Greg Howe / Victor Wooten / Dennis Chambers "Extraction" »