« Shostakovich "Symphony No.7 Leningrad" | Main | 中曽根康弘・梅原猛共著「政治と哲学」 »

2004.02.01

邱永漢著「楽天家でなければ生きられない」

処世訓エッセイ。
著者の失敗談が凄い。億単位の金を投資や事業で幾度と失っている。騙されたり裏切られたりもある。
著者の言う楽天家とは、「物事を希望的に観測する人」ではなく、「事態のきびしいことはそれなりに認識しても、人間の知恵は必ずそれを解決できるという信念を持つ人」である。
本書には難しい理屈も、奇抜な処世術もない。むしろ当たり前なことが書かれている。しかしその「当たり前」こそが強さと明るさの源のように読み取った。

|

« Shostakovich "Symphony No.7 Leningrad" | Main | 中曽根康弘・梅原猛共著「政治と哲学」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/155592

Listed below are links to weblogs that reference 邱永漢著「楽天家でなければ生きられない」:

« Shostakovich "Symphony No.7 Leningrad" | Main | 中曽根康弘・梅原猛共著「政治と哲学」 »