« 石原慎太郎著「日本よ」 | Main | Hasidic New Wave "Live in Cracow" »

2004.01.17

堀紘一著「人と違うことをやれ!」

これもまた古本屋で仕入れたもの。
8割が与太話&自慢話。頭が疲れずに読み飛ばせる本。それでも2割には処世術の良いヒントが書かれていた。「最高の処世術は妥協することなしに適応することである」
この著者は、それほど理屈っぽくないので以前から好きだ。経歴が顔に出ていないところも、また好きだ。東大法学部→読売新聞経済部→三菱商事→ハーバードMBA

|

« 石原慎太郎著「日本よ」 | Main | Hasidic New Wave "Live in Cracow" »

Comments

本はすばらしいのだと思うけれど・・・。
では、過去の経営トップの態度をどう思われますか?
リクルート事件
ロッキード事件での、丸紅・全日空(三菱グループ)
三菱自動車
NHK
中部電力(だったかな)
不正続きではないですか!
名誉とは思えない。
脱税・賄賂は会社のため?
書類改ざんを命じられたら、従うべき?
年金未納議員は?
誰が正義か?

Posted by: 吉田泰子 | 2004.07.28 at 03:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/109338

Listed below are links to weblogs that reference 堀紘一著「人と違うことをやれ!」:

» ハーバードが教えてくれたこと [現代社会への仮説と提言]
堀紘一氏をご存知の方は多いだろう。テレビ番組にもよく出演されて、コンサルティング会社の社長をなさっている人だ。 その堀氏の著書に、非常に興味深いエピソード... [Read More]

Tracked on 2005.03.20 at 01:35 PM

« 石原慎太郎著「日本よ」 | Main | Hasidic New Wave "Live in Cracow" »