« Kleiber Conducts Strauss 1989 | Main | Bach "Concerto for 2 violins" »

2004.01.10

麻生圭子著「東京育ちの京都案内」

横浜で生まれ育ち、今は東京に暮らす我が身にとって、京都は著者同様に異文化の地だ。まさに観光で数度訪れたに過ぎない京都だが、時々思い出したように言ってみたくなる別格の場所だ。
この本では、観光地としての京都ではなく、そこに暮らす人たちや、ライフ・スタイルにフォーカスしている。手間暇をかけて古い着物を洋服に仕立て直す友人の話では、それを贅沢煮(たくあんをわざわざ二晩ほどかけて塩抜きして煮る料理)に例えている。その友人はその手間暇を単に好きだからと説明している。
秋葉原でジャンク品同然の中古パソコンを買ってきて、Linuxを入れて蘇らすようなものなのかなと思った。
それにしても、麻生さん、美人ですね。

著者のサイト > www.nishijin.ne.jp/keiko-aso/index.html

|

« Kleiber Conducts Strauss 1989 | Main | Bach "Concerto for 2 violins" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/89824

Listed below are links to weblogs that reference 麻生圭子著「東京育ちの京都案内」:

« Kleiber Conducts Strauss 1989 | Main | Bach "Concerto for 2 violins" »