Main | Steve Hackett »

2003.12.21

ライブ・アルバム

Rage Against The Machineのライブ・アルバムが店頭に出ていたので、ついでに数枚ライブ・アルバムばかりをまとめ買いした。
まずRageはスタジオ盤よりずっと良かった。期待していなかっただけに、得した気分。
Gary Mooreの"Live at Monsters of Rock"は2003年のライブ。Garyのギターとベース、ドラムの3人構成。曲目は古い曲が多くベスト盤といった選曲。名曲"Parisenne Walkways"はボーカル入りで、出来は今ひとつ。ちょっと期待はずれのアルバム。
Bruce Springsteen & E Street Bandの"LIVE/1975-85"は3枚組CD。十数年前5枚組アナログ盤を持っていて懐かしくて買った。特に"The River"は曲前のMCと併せて泣ける。全部聞くと3時間半。80年代を思い出すよね。昔、渋谷陽一がラジオ番組で歌詞の朗読までしてた。
Joe Satriani "Live in San Francisco"はDVDでも出ている。Satrianiは器用なギタリストで、Vaiよりもジャズ・フュージョンよりの演奏をする。
Steve Hackettの"The Tokyo Tapes"はまだ聞いていない。

|

Main | Steve Hackett »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7525/39544

Listed below are links to weblogs that reference ライブ・アルバム:

» Corridors of Power - Gary Moore [音楽 よもやま話 - CDレビュー]
by Gary Moore 1982年作品  音楽は人生を変える。というと大げさだが、人の趣味嗜好へ影響を与える位のパワーを持ってはいると信じている。... [Read More]

Tracked on 2004.05.25 at 03:16 PM

Main | Steve Hackett »